いくつ知ってる? 東日本のおみやげ

印刷用を表示
2017/07/14 14:30

JR東日本が「みんなが贈りたい。 JR東日本おみやげグランプリ」の結果を発表しました。

 夏休みシーズンが近づきつつありますね。帰省や旅行の予定を立てている方もいらっしゃると思います。

 そうなると気になってくることの一つが「おみやげ、何買おう」では?

 そこで今回は、JR東日本が主催したイベント「みんなが贈りたい。 JR東日本おみやげグランプリ」で入賞したおみやげをご紹介します。

 このイベントは東日本エリア1都16県のおみやげ128品から一般投票によって、グランプリを決定するというもの。

 総計94,300票の投票のうち、最も票を集めて総合グランプリに輝いたのはこちら。

 『バターフィナンシェ』でした。JR新宿駅の「NEWoManエキナカButter Butler」で購入可能なこの商品。味だけでなくパッケージも人気の秘訣のようです。

●投票した皆さんの声
 ・パッケージからして美味しそう!スイーツ好きな友達に贈りたいです。
 ・このバターフィナンシェはすべてが完璧!見た目も味も楽しめて誰に渡しても喜ばれる!SNS映えもするし人気なのがわかります!
 ・程よい柔らかさ、程よい甘さが非常に美味しく感じました。価格も手頃なので、家族のお土産のついでに、自分用にも買いたいです。

 ちなみに、グランプリは「お菓子」「食品」「地酒」「工芸品」の4部門からなっています。各部門の金賞もご紹介しますね!

お菓子部門

 山梨県のふるさと銘菓『桔梗信玄餅』が選ばれました。言わずと知れた定番のおみやげ。

 きなこのかかったお餅に蜜をどうやってかけるか、どうやってきれいに食べるか、悩む方も多いのでは?

 JRの駅だと甲府駅や、石和温泉駅で購入できます。

食品部門

 盛岡駅の駅長もおすすめの『三陸海宝漬』が入賞しました。

 三陸産のメカブの醤油漬と、三陸産のアワビを柔らかく煮貝にしたものを一緒に味わえます。名前の通り、賑やかで贅沢な一品ですね。

 もちろん、盛岡駅でも購入ができます。

地酒部門

 群馬県と新潟県を結ぶ上越線。その上を走るSLを表現した『上越線ビール』が金賞に選ばれました。群馬県産麦芽と利根川源流水を使用したビールです。

 パッケージに書かれている文字は商品名でもあるのですが、どちらもSLの名前。「D51 498」は黒ビール、「C61 20」はピルスナービールです。

 高崎駅で買うことができます。電車の旅のお供にも良さそうですね。

工芸品部門

 こちらは『SUWADAつめ切り CLASSIC』。

 練職人が一点一点丁寧に手仕上げされた爪切りで、カーブした刃で爪の形に合わせ処理できます。

 鍛冶屋のプライドが詰まった逸品は、燕三条駅や越後湯沢駅でも購入できるそうですよ。

◆「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ」について
 投票期間:2017年5月30日(火)~6月30日(金)
 主 催:東日本旅客鉄道株式会社
 投票方法:JR東日本管内の1都16県より「お菓子」「食品」「地酒」「工芸品」の4部門に分けた合計128品からWEB、もしくははがきによるお客さまの投票によって順位を決定

関連リンク

これもおすすめ