7月10日は納豆の日! こんな食べ方はいかが?

印刷用を表示
2018/07/09 17:00

栄養満点の発酵食品 納豆と、今注目されているヘルシー食材を使った納豆レシピをご紹介します。少し夏バテ気味で食欲がない、という方にもおすすめですよ。

 7月10日は、「なっ(7)とう(10)」の語呂合わせから、納豆の日と定められていることをご存知ですか?

 この経緯が少し面白くて、まずは関西での納豆の消費拡大のため、昭和56年(1981年)に関西納豆工業共同組合が関西地域限定で「納豆の日」を作りました。

 その後、全国納豆共同組合連合会が、平成4年(1992年)に改めて7月10日を「納豆の日」と決めたことで全国的な記念日として制定されているんです。

 日本の代表的な発酵食品「納豆」。

 そのまま食べても美味しいし、すでに自分のベストな食べ方を確立されている方も少なくないと思います。

 でも、たまには少しアレンジしてみませんか?

 鎌田醤油では、料理研究家の金子あきこさん監修のもと、2018年注目のヘルシー食材を盛り込んだオリジナルの納豆レシピを考案しました。

 早速ご紹介したいと思います。

アーモンドオイル×アカモク納豆

 ミネラル類が豊富な海藻アカモクとコレステロール値低下作用のあるアーモンドオイルを合わせた一品。混ぜ合わせるだけの簡単で栄養価の高いレシピなので、夏の食欲が低下したときにも!

●材料(2人分)
納豆 2パック/アカモク 1g/みょうが 少々/アーモンドオイル 小さじ2/サラダ醤油 小さじ2

【下準備】アカモクを水で指示通りの時間戻す。

【1】納豆、アカモク、アーモンドオイル、サラダ醤油を加えよく合える。

【2】器に盛り付け、千切りしたみょうがを添える。

ヘルシー納豆キムチ炒め

 お肉の代わりに、納豆と低カロリーで食物繊維が豊富な「ちぢみこんにゃく」を使用することで脂質を減らしたヘルシーな一品。納豆からたんぱく質も補えます。

●材料(2人分)
納豆 2パック/キムチ 100g/乾燥ちぢみこんにゃく 15g/万能葱 少々/オリーブオイル 小さじ1/だし醤油 小さじ1

【下準備】ちぢみこんにゃくを水で指示通りの時間戻す。

【1】中火で熱したフライパンにオリーブオイルとちぢみこんにゃくを入れ軽く炒め、だし醤油を加えて、汁気がなくなるまで炒める。

【2】火を少し弱め、キムチと納豆を加え炒める。

【3】器に盛り付け粗みじんに切った万能葱をちらす。

ソルガムきび入り納豆トマトの冷製パスタ

 ヘルシーな穀物としてアメリカで注目されるソルガムきび。納豆と混ぜれば挽肉に見え、ボリューム感が出ます。納豆との相性もバッチリ。また、ソルガムきびの食物繊維が血糖値の上昇抑制や腸内環境を整える働きをしてくれますよ。

●材料(2人分)
スパゲティー(乾麺) 200g/ひきわり納豆 2パック/ソルガムきび 大さじ2/トマト 1個/青みのハーブ(今回はチャービルを使用。パセリなどお好みでOK) 適量/オリーブオイル 小さじ2

A:だし醤油 大さじ2/にんにくだし醤油 小さじ2

【下準備】ソルガムきびは水に20分以上浸し、沸騰した湯で20分加熱する。

【1】トマトは1cm厚のいちょう切りにする。

【2】Aを合わせておく。

【3】ひきわり納豆とソルトガムきびを合わせ、【2】の3分の2を加える

【4】スパゲティーは指示通りの時間茹で冷水にとり、水を切ったらオリーブオイルとトマトを合わせる。

【5】器に盛り付け、【3】をのせ、ハーブをちらす

【6】食べる際に残ったAを全体に回しかける。

夏バテや冷えに負けない食事

 夏は薄着や肌の露出が増えるため、容姿を気にして、ダイエットされる方が増加する傾向にあります。けれど、カロリーを気にし過ぎて、低カロリーな食品ばかり摂取していると夏バテや冷えのリスクを高めます。

 体の熱を生み出すために一番良い食品は炭水化物です。一方で、炭水化物のみを摂取した場合、代謝がうまくいかず、脂肪として蓄えられてしまうため、食事の組み合わせがポイントです。

 今回紹介した「アーモンドオイルアカモク納豆」は、ごはん(米)と一緒に食べることで、体内で熱を作り、冷えを予防してくれると共に、納豆やアカモクがごはん(米)の代謝を促したり、血糖値の上昇を緩やかにします。

 しっかり冷えを予防するには炭水化物とビタミン、ミネラル類が豊富な食材を組み合わせて食べることを心がけましょう!

関連リンク

これもおすすめ