子どもとの夏休み。すること、したいこと

印刷用を表示
2018/07/20 10:00

いよいよ子どもたちの夏休みが始まりますね。子どもが家にいる時間が増えるからこそ、準備しておきたいこと、守りたいこと、そしてやりたいこと。3人の小さなお子さんを育てる、人気インスタグラマーのeriさんが計画していることを教えてくれました。

「片付けなさ~い!」と叫ぶのはなるべく減らしたい

 夏休みを迎えようとしている今。

 夏休みが始まる前にしておきたいこと、夏休み中に守りたいこと、夏休みにしたいことを書き出しながら考えています。

 うちには、小学生(小3、小1)と幼稚園児(年中)の3人の子どもがいます。

 学期末には絵の具や上靴、体操服など、いつも以上にたくさんのものを持ち帰ってきます。

 家にいる時間も増えるので、一日に何度も

 「片付けなさ~い!!!」

 と叫ぶのは、なるべく減らしたい。

 そのためにまず、夏休みに入る前にしておくことがあります。

おもちゃ箱の整理、見直しをする

片付け
夏休み前におもちゃ箱や学用品の整理をします

 一番いることの多い、リビングのおもちゃ箱(ひとり1つ)の整理から。

 長女はなにも言わなくてもキレイをキープできるので、ノータッチ。

 散らかし上手で片付け下手な下二人は、まず自分の箱を全部出して、

 ”いる””いらない”を選別。

 放っておけばどんどん上に突っ込むので、(本当は5割にしてほしいけれど)7割収納にして、ずいぶんスッキリ

 少し声をかけると、いらないをすぐに判断できる末っ子。

 あれもこれも、細かいものまでたくさん残したい次女。

 それぞれ性格の違いもあるので、今はタイミングを見て手助けをし、繰り返すことでいずれひとりでできるようにしていきたいです。

 末っ子は工作や折り紙が好きなので、作った作品や残したいものは、ここに入るだけ、と別のかごを用意しました。

 共通の本や画用紙、文房具は、ワンアクションで使えて仕舞えるように、量を見直しました。

学用品を整理、補充。始業式前に慌てないように

 たくさん持って帰ってきた学童用品はひとりずつ大きなかごを用意して、ざっくり収納。

 始業式前の、「ママ○○どこ~?」をなくし、必要な時に自分で準備できるように。

 その時に先にしておく大事なことが、絵の具や新しい学童用品の名前書きや、補充。

 学校からのプリントをチェックしながら少なくなっているものや、追加でいるものを各自書いてもらって(早めに購入しておく)洗ったりきれいにして、持っていける状態にしてから仕舞います。

 そうすることで、夏休み明けの「あれがない!」「これがたりない!」「なに持っていけばいいの?」の、あたふたがなくなります。

ランドセルは別の場所へ。代わりにプールバックやリュックをスタンバイ

 普段毎日使っているランドセルも、軽く拭いて保存用の布袋に入れて別の場所でお休みさせます。

 代わりに夏休み中に出番の多い、プールバッグや出かける時に使うリュックをいつものランドセル置き場に。1か月と少しの休みの間も必要なものがさっと使える状態にしておくと、気持ちいいですよね。

 いつもリビングに置いている末っ子の園服と園バッグのセットも、普段着とお出かけリュックに入れ替えて、ひとりで支度できるようにします。

eriさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ