夏休み中の子どもたちと、ちょっと特別感のあるおやつにチャレンジしてみるのはいかがでしょう。例えば、果物を豪快に丸ごと使ったおやつ。果物を選ぶところからはじめて、楽しい時間を過ごしてみませんか。

子どもと果物を選ぶところから、はじめてみよう

 夏休みの暑い日に、ワクワクするような体験はいかがでしょう。

 豪快にフルーツ1個を丸ごと使った、見た目と栄養で心も体も元気いっぱいになれる手作りおやつ、フルーツポンチです。

 お子さまと一緒に楽しく作ることができたら、それだけで特別なイベントになります。

 特売の丸ごとフルーツを見つけたときや、アウトドアで部屋を汚す心配もなくのびのびとできる予定が入ったときもチャンスです。

 たくさん盛られたフルーツ売り場では、「おいしいと思うものを選んでいいよ」と子どもに声をかけてみるのもおすすめです。

 目をキラキラさせて選んだフルーツはきっと、お気に入りの一個に違いありません。

 実際の味がどうであれ、自分で選んだものを食べるということは、貴重な体験のひとつになると思います。

フルーツポンチとは

 フルーツポンチとは、果物を入れた飲み物のことです。

 もとは果汁を混ぜた酒を使ったものが主流でしたが、今はアルコールを使わずシロップやサイダーを使った子ども向けの飲み物として、パーティ等に登場することが多くなっています。

 もちろん、子どもが飲むときにお酒は使わないでくださいね。

 今回ご紹介するレシピも、サイダーまたは水を材料にしています。

 さらに、果物を多くしたりゼリーや寒天を加え、食べるデザートとして作られたフルーツポンチもあります。

 白玉を入れたフルーツ白玉アレンジも、おいしくておすすめです。

めろんぱんママさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ