横浜で「ウォーリーをさがそう!」

印刷用を表示
2018/08/03 00:00

ウォーリーが横浜にやってきています。

 世界的に愛されている絵本「WHERE’S WALLY?(ウォーリーをさがせ!)」

 小学生の時に読まれた方、また現在はお子さんに読まれているという方も多いのでは?

 同絵本は、さまざまな時代や場所を舞台に、人ごみの中から赤白シャツの”ウォーリー”を探し出す、人気シリーズです。

WHERE’S WALLY? (ウォーリーをさがせ!)とは?

1987年にイギリス人イラストレーター、マーティン・ハンドフォードによってWalker Books社(英)から出版された絵本。緻密に描かれたイラストの中から、“主人公ウォーリーをさがす”というゲーム感覚の作品。38ヶ国、30言語に翻訳され、全世界発行部数6,500万部を超えるビッグタイトルに。日本版は同じ年にフレーベル館から発行。『ウォーリーをさがせ!』シリーズとして現在46タイトル1,000万部以上発行されている。昨年出版30周年を迎えました。

 そんなウォーリー、実は横浜にやってきています!

 現在、30周年を記念したウォーリーの絵本原画展が横浜赤レンガ倉庫1号館にて開催されています。

 会場では、日本初公開の絵本原画約50点のほか、本展のための限定アート“Anniversary Ball for Japan”、中村至男(アートディレクター)寺田尚樹(建築家)本城直季(写真家)の3人の日本人アーティストが制作した新作アートなど、合計約150点の作品を展示しています。さらに、赤レンガ倉庫2号館や広場などでは、関連イベントも開催されるのだとか。

 見るだけでなく、さがして楽しめる原画展。この夏休みに、ご家族ご友人と一緒に、ウォーリーをさがしてみてはいかがでしょう?

誕生30周年記念 ウォーリーをさがせ!展

会期:2018年7月31日(火)~8月15日(水)
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館
主催:朝日新聞社、フジテレビジョン、松屋
お問い合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
公式サイト:wally30.jp

関連リンク

これもおすすめ