2017年7月21日、「みんなの暮らし日記ONLINE」のサイトオープンを記念したイベントが行われました。大人気のインスタグラマーやライフスタイリストたちによる、素敵な暮らしのハウツーを学ぶ9つのワークショップ。その中から窪田千紘さん講師の「大人世代のシンプルファッションルール」のレポートをお届けします。

窪田さんと原田さんが大人女性の悩みを解決!

 ワークショップ「大人世代のシンプルファッションルール」の講師を務めてくださった窪田千紘さんは、暮らしやライフスタイルを写真で表現するフォトスタイリストとして活躍中。

 ブログ「STYLE SNAP 大人世代の普段着リアルクローズ」にてアラフォー・アラフィフ世代へのファッションも紹介しています。

まずはワークショップの参加者の悩みを聞いていく窪田さん
まずはワークショップの参加者の悩みを聞いていく窪田さん(写真:マチコマキ)

 さらに大人世代のモデルとしてブログに登場する、フォトスタイリングジャパン事務局長・原田さんも、アシスタントとしてワークショップに登場!

 ファッション雑誌ではなかなか特集されにくい、大人ならではの体型の悩みを抱える女性のためのファッションをアドバイスしてくださいました。

服を着て実演してくださった原田さん
服を着て実演してくださった原田さん(写真:マチコマキ)

オシャレの感性を2017年にバージョンアップ!

 ワークショップに参加された皆さんは、窪田さんのブログ読者である40代から50代の女性たち。

 窪田さんがファッションの悩みについて聞くと、切実な回答が寄せられました。

 ・若い頃と体型が変わってしまって、何を着たら良いか分かりません

 ・年相応のファッションって、何だろう?

 ・服を持っているはずなのに、組み合わせが分からずセンスがないと感じます

 ・小物がいつも同じになってしまう……

 ・細く見せたいです

 ・ぺたんこ靴ばかり。ヒールの高い靴を履けなくなってしまいました

 ・他の人とかぶらないファッションにするには?

 若い頃はどんな服を着ようかな? と迷うのも楽しみだったはずなのに、気付くと「どんな服を着よう」が気付けば切実な悩みに変わってしまいます。

 これまで1万人以上の女性たちに、ファッションのアドバイスをしてきた窪田さん。40代・50代の女性の悩みについて、こう語ります。

 「30歳を過ぎたあたりから女性は体型が変わりやすくなりますし、育児や仕事と社会的に忙しくなりますよね。

 つまり、自分の時間がなくなってしまうのです。

 だいたい45歳くらいまでが、自分以外のことを優先してしまう時期。

 ここで、おしゃれへの感性が若い頃のまま止まってしまうのだと思います」

 ここで窪田さんは、90年代・2000年代のファッションをスライドで紹介しました。

 どれも白いTシャツにジーパンというスタイルでしたが、今着てもおかしくはないという印象です。

 少しデザインに変化があるかな? という感じでしょうか。

 つまりファッションの美しさのベースは、時代が違ってもずっと変わっていないということ。

 ハイウエストのボトムやスニーカーなど、90年代ファッションが現在も流行中というと分かりやすいかもしれませんね。

 「女性は洋服で5歳若返ることができます。

 マイナス面をカバーするのではなく、感性を2017年の今にアップデートさせましょう」

 スタイリングは基本を押さえ、積み重ねていくことが大切なのです。

 では、スタイリングの基本って何でしょうか?

関連リンク

これもおすすめ