「大手町の森」で優雅にホテル朝食を

印刷用を表示
2018/08/03 10:00

都心にいるのを忘れてしまいそうな、緑豊かなホテルのカフェレストランで朝食をいただいてみませんか。

 アマン東京では、ホテル1階にある自然の森、『大手町の森』に包まれた別棟の「ザ・カフェ by アマン」にて、平日午前7時から10時まで、朝食をスタートします。

 店内のカウンターには、焼きたてのクロワッサンやデニッシュ、ブリオッシュなどのペストリー、キッシュ、サンドイッチ、フルーツジュース、ヨーグルトが並びます。

 フランスでパン作りを修得したアマン東京のペストリーシェフによるこだわりのクロワッサンはじめペストリー類には、フランス産AOCパムプリー発酵バターを使用しています。良質なミルクで作られたパムプリーバターの芳醇な風味が閉じ込められたクロワッサンは、中はしっとりと、外はさっくりと香ばしく焼き上げられます。

 相模原の有精卵を使用したキッシュは季節の素材を使ったものから、定番のキッシュロレーヌまで日替わりです。軽やかなタルト生地にチーズがたっぷり。こちらも焼き立てで提供されます。そのほか、サンドイッチもサーモンとハムチーズの2種類が用意されています。

 メニューはすべてアラカルトで用意されているので、その日のおなかのすき具合でいろいろ頼んでみたいですね。

 都心のビジネス街の中心にありながら、緑豊かなの森の中で過ごせる「ザ・カフェ by アマン」、一日の始まりに特別な朝のひと時を過ごせそうです。

バターで有名なエシレ村の隣にあるパムプリー村はAOCに認定されたバターの生産地、ポワトゥー=シャラン地方にあります。ペストリーにはすべてパムプリー発酵バターが使われ、フランスらしい豊かな風味を楽しめます

ペストリーにはすべてパムプリー発酵バターが使われ、フランスらしい豊かな風味を楽しめます

ザ・カフェ by アマンとは

 アマン東京が位置する大手町タワーの地上階の森、「大手町の森」にあるアマン東京のカジュアルフレンチ レストランです。大手町の森は、大手町の本来の植生や皇居周辺の緑地を調査して選ばれた木々草花を、関東近郊で3年間に及ぶ検証を経て育み、大手町に移植して創られた自然の森です。大きなガラス窓から森を眺められる店内席と屋外のテラス席で、美しい緑や紅葉、冬枯れの森など、季節の移り変わりを感じながら、カジュアルフレンチのダイニングとティータイムを。

関連リンク

これもおすすめ