夏にもお年玉!? お盆玉についての調査

印刷用を表示
2018/08/06 12:00

もうすぐお盆ですね。最近の子供は、お年玉だけでなく「お盆玉」をもらうことが増えているようですよ(三井住友カード調べ)。

お年玉の夏バージョン、「お盆玉」とは?

 三井住友カード株式会社は、小学生のお子様をもつ男女280名を対象とし、「お盆玉に関する意識調査」を行いました。

 年始にあげる「お年玉」の夏バージョンと考えられるものであり、お盆時期、子供たちにあげるお小遣いのことを指します。

 「お盆玉」は、江戸時代、山形地方で奉公人に「お盆お小遣い」をあげる風習を根源としています。当時は、お金ではなく、下駄などを贈る風習でしたが、昭和初期になり、子供にお小遣いをあげる習慣に変わったと言われています。

子供のおよそ3人に1人(37%)がお盆玉をもらっている

例年お盆玉はもらいますか?
例年お盆玉はもらいますか?

 現在、小学生の子供のおよそ3人に1人がお盆玉をもらっていることが判明しました。

 また、最近では、郵便局などがお盆玉用ポチ袋の販売を開始したことによって「店頭に並ぶお盆玉袋を見て知った」という保護者コメントが多く見られました。

 さらに、「お盆玉としてかは定かでないが、帰省したらお金がもらえる」などのコメントも多く、世の中へのお盆玉文化の浸透が見られました。

お盆玉を現金でもらう子供は80%、物でもらう子供は20%。

お盆玉は、現金・商品券、物でもらいますか?
お盆玉は、現金・商品券、物でもらいますか?

 現金でもらうことが多いお年玉に比べ、お盆玉は「おもちゃ」や「服」、「本」を現金の代わりにもらうケースも20%見られ、お金ではなく物をもらう家庭が少なくないことがわかりました。

子供がもらうお盆玉の平均金額は9,345円。お年玉の約半額

例年のお盆玉の総額はいくらですか?
例年のお盆玉の総額はいくらですか?

 お年玉は親、祖父母に加え、親戚などからもらうケースも少なくないことから平均21,960円であったのに対し、お盆玉は祖父母からもらうとのコメントが多く、平均9,345円という結果となりました。

例年お年玉はいくらもらっていますか?
例年お年玉はいくらもらっていますか?

 また、お盆玉は、お年玉の平均金額のおよそ半額ということもあり、子供自身に管理させようとする傾向が見られます。

お盆玉の使い道は?

親としてはお盆玉を何に使ってほしいですか?
親としてはお盆玉を何に使ってほしいですか?
【小学生のお子様対象】お盆玉は何に使いたいですか?
【小学生のお子様対象】お盆玉は何に使いたいですか?

 親の56%は貯金してほしいと考え、子供の65%はゲームや玩具の購入を考えているという結果でした。

 親は「貯金して、本当にほしいものがあったら使ってもらいたい」という意見や、「自分がほしいもののためにお金を貯めるなり、理にかなった使い方をしてほしい」などこの機会にお金の使い方を学んでほしいという意見もありました。

 子供に関しては「ゲームや玩具を購入したい」が圧倒的に多く、貯金はせずに使いたいと考えていることが伺えます。

子供への金融教育の必要性は?

子供のうちから金融教育が必要だと思いますか?

子供のうちから金融教育が必要だと思いますか?
なぜ必要だと思いますか?
なぜ必要だと思いますか?

 子供のうちから金融教育は必要だと思う方は88%。主な理由としては、「お金の大切さを知ってほしい」「生きていくうえで必要」などの理由があげられました。

 しかし、その78%が金融教育を行っていないということが判明しました。

実際に金融教育を実施していますか?  
実際に金融教育を実施していますか?  
なぜ金融教育を実施しないのですか?
なぜ金融教育を実施しないのですか?

 「早過ぎる」「何を教えたら良いかわからない」という理由で、実際には教育を行っていない方が多いのが現状です。

 小学生の子供をもつ親の約半数は、夏休みにもらうお盆玉をお金の価値について知ってもらう良い機会と捉え、子供自身に管理させてみたいと感じています。お盆玉をもらうタイミングで、子供と一緒にお金の大切さや使い方について考えてみてはいかがでしょうか。

 <調査概要>

 調査方法:インターネット調査

 調査期間:2018年6月15日~6月22日

 調査対象地域:全国

 対象者:小学生のお子様をもつ男女280名※質問により回答数が異なります。一部、子供を対象とした質問もあります。

 調査元:三井住友カード

 金融教育アプリ「ハロまね」

 三井住友カードがCSR活動の一環としてリリースしている、スマートフォンアプリ「ハロまね~親子で学ぶ、こどものお金管理~」は、「お小遣い帳機能」、「銀行機能」、「お手伝い機能」という3つの機能を持った小学生向けの金融教育アプリ(無料)です。親と一緒にお金の管理、仕組みについて学ぶことができ、夏休みにそれらを学ぶことで子供がお盆玉を計画的に使えるように、さらに、子供のうちからお金について考える機会をもつことで、将来必要となるお金の収支管理を早期に身に付けられるよう、サポートしていきます。

ハロまね~親子で学ぶ、こどものお金管理~
ハロまね~親子で学ぶ、こどものお金管理~

 URL:https://www.smbc-card.com/mem/cardinfo/cardinfo7010002.jsp

これもおすすめ