みんなは「お土産」どうしてる?

印刷用を表示
2018/08/12 12:00

お盆休みの季節ですね。どこかに出かけた時に悩むのが、お土産選びですよね。

 この週末からお盆休みに入った方も多いのでは? この時期、実家への帰省や国内・海外旅行などへ出かける人もいるかと思います。

 そんなときに頭を悩ませるものが「お土産」でしょう。

 蔦屋書店やTカードでおなじみのカルチュア・コンビニエンス・クラブが、18~69歳の男女1,502名を対象に「お土産」に関するアンケートを実施しました。みなさん、どうしているのでしょうか?

自分以外のお土産、買ってる?

 まず、旅先などでお土産を買うかどうかを聞きました。

 自分用のお土産を「必ず買う」と回答をした人が33.4%、自分以外用のお土産を「必ず買う」と回答をした人が48.5%となり、自分よりも自分以外へのお土産を買う傾向が高いことがわかりました。

 この結果を性別で見ると、自分用のお土産を「必ず買う」と回答をした割合は、男性が26.1%、女性が40.7%、自分以外用のお土産を「必ず買う」と回答をした割合は、男性が42.4%、女性が54.5%といずれも女性のほうがお土産を買う割合が高い結果となりました。

 また、旅行1回あたりのお土産の予算を自由回答で聞いたところ、自分用の平均金額は「3,935円」、自分以外用の平均金額は「4,828円」となり、金額でも自分より自分以外のお土産のほうに高いお金を払っていることがわかりました。

誰のためにお土産を買ってる?

 続いて、誰にお土産を買っているのかを聞いたところ、最も多かった回答から「家族」(82.2%)、「友人」(54.3%)、「職場の同僚・上司」(48.7%)、「親戚」(23.0%)、「恋人」(15.6%)、「ご近所」(11.5%)となりました。

 この結果を性・年代別に見ると、30~69歳の男性は「友人」よりも「職場の同僚・上司」へお土産を買う人が多く、50~69歳の男女ともに他の年代と比べて「ご近所」へお土産を買う割合が高いことがわかりました。

お土産を買わない理由

 一方、自分以外へのお土産を買わないと回答をした人に、その理由を聞いたところ、最も多かった回答から「お土産を買わなくても人間関係に困らない」(30.0%)、「買うほどのものがない」(27.1%)、「お土産を選ぶのが面倒くさい」(25.6%)、「お土産代がもったいない」(20.7%)、「お土産選びに時間を割きたくない」(18.2%)、「お土産を渡すメリットがない」(16.7%)となりました。

お土産で悩むこと

 お土産を買う! と決めたら、何を買うか? 何個買うか? とお土産選びがはじまります。

 お土産を購入するときや渡すときに困ったことを聞いたところ、最も多かった回答は「ありきたりなものでいいか迷う」(39.2%)、続いて「自分が納得できるものがない」(27.8%)となり、3割の人がお土産の品物自体へこだわっていることがわかりました。

 その他には「買ったお土産の数が足りなかった」(25.0%)、「職場や友だちでどの範囲まで配ればいいのかわからない」(23.6%)が挙げられ、4人に1人は購入するお土産の個数に悩んでいることが分かる結果となりました。

お土産選び、どこを重視する?

 3割の人がお土産の品物自体をこだわっていることが分かりましたが、自分以外のお土産を選ぶときに重視するポイントは何でしょうか?

 「旅行先の名産や名物である」(55.1%)、「味がおいしい(おいしそう)」(55.0%)がポイントであると半数を超える人が回答をしました。続いて「旅行先の雰囲気がある」(36.1%)、「賞味期限、消費期限が長い」(35.6%)、「個包装になっている」(33.4%)が上位に挙がりました。

 自分へのお土産を選ぶときに重視するポイントも尋ねたところ、最も多かった回答から順に「味がおいしい(おいしそう)」(55.9%)、「旅行先の名産や名物である」(40.2%)、「手に入りにくい」(31.6%)、「旅行先の雰囲気がある」(28.4%)、「デザインが好き」(25.4%)が挙げられ、自分用のお土産だからこそ「手に入りにくい」や「デザインが好き」などユニーク性が高いものが選ばれることがわかりました。

 お土産屋さんをウロウロしながら迷うのも、楽しみの1つですね。みなさん、今年はどんなお土産を購入されますか?

【調査概要】
方法:インターネット(Tアンケート)
期間:2018年4月27日(金)~5月7日(月)
地域:全国
対象:18~69歳の男女(T会員)
サンプル数:1,502名

関連リンク

これもおすすめ