資生堂のパーソナルカラー診断&メイクレッスンを受けてきました。私の認識がガラガラと崩れたので、その内容を3回にわたってレポートしたいと思います。今回は意外なパーソナルカラー発覚編です。

清水の舞台からジャンプ

 こんにちは、編集部のイトウです。

 先日、フルメイクのレッスンと似合うカラーの診断をしてくれる資生堂の「ゴールデンバランス&パーソナルカラーメイクアップレッスン」を受けてきました。

 というのも、私は10年以上メイクの方法が変わっておらず、しかも大学1回生の頃に読んだ雑誌をお手本に、見よう見真似で始めたものがベースになっています。

 正直メイクのことがわからないままここまで来てしまいました。

 一度くらい自分の顔を魅力的にみせる方法を知りたい! けど独学で探求するほどの熱意はないんだよなぁ……と思っていたところに、メイクレッスンの予約枠がたまたま空いていたので予約をしてみました。

 資生堂のメイクレッスンは1ヵ月前から予約できるのですが、予約開始と同時に埋まってしまう競争率の高さなのです。

 過去に何度か挑んで涙を流した経験があります(時折、メイクレッスン受けてみたい欲の波が高くなるんです)。

 今回もダメ元で何気なく予約サイトを見てみたら空き枠が。本当はメイクレッスンだけのほうが時間もお値段も手頃なのですが、空き枠があるだけで奇跡。

 値段は個人的には清水の舞台級ですが、またとないチャンスなので思い切って飛び降りてみました。

 結論からいうと、私の認識を良い意味で壊してくれたので、パーソナルカラー診断を含めて受けて良かったです。

似合う色と真逆を行っていました

 こちらのレッスン、完全な個室でマンツーマンでメイクアップアーティストさんにレクチャーを受けるという、人見知りにはけっこう難易度高めです。

 人見知りなのでドキドキしながら赴きましたが、担当の方が気さくな方だったので、自然体で受けられました。

 さて、本題のレッスンです。まずはパーソナルカラー診断から。

 目、髪の色などのボディカラーから、似合う色を診断していきます。プロの診断だなぁと思ったのは手のひらや目、髪だけでなく頭皮までチェックしてくれたこと。頭皮を見ると、ほぼほぼ正確にベースカラーが診断できるそうです。

 診断結果は「サマー」。

 ネットでいくつかある自己診断ではオータムという結果が出ることが多かったので、ビックリです。自分の目って当てにならない……。

 原色のはっきりとした色ではなく白を混ぜたような、くすんだ淡い色が似合うそうです。アクセサリーはシルバーのほうが肌をきれいに見せてくれるとか。そして、黒よりも紺が合うとのこと。

 淡い色の服を持っていないし、腕時計はじめアクセサリーはゴールドが多いし、いつも黒と紺を悩んで黒を選んでいた私。残念の一言です。

 そして、肌の色合い的に今使っているファンデーションは黄色すぎるとの指摘も。開始10分足らずで意外な事実が多数発覚してしまいました。むしろ、どれだけ自分のことを把握していないんだ、という感じです笑

 ただ、青色は濃すぎなければ大体いけるとのこと。好きな色ながらチャレンジすることがなかった色なので、今後は試してみたいと思います。

 次回はいよいよ顔をいじります。

Writer PROFILE

  • 伊藤 桃子(翔泳社)さん

    みんなの暮らし日記編集部員です。ビールが大好きです。

伊藤 桃子(翔泳社)さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ