「迷わない工夫」で暮らしを心地よく

印刷用を表示
2018/08/23 06:00

日常の小さなイライラを解消し、心地よい毎日を送るための「迷わない家事」とは? 3人のお子さんを子育て中の人気インスタグラマー・eriさんによる、暮らしの工夫と、考え方。

今日は家でゆっくり……はない夏休み

 夏休み。

 覚悟はしていたけれど、ひとりになる時間がまず、ない。

 日中は子どもの友達が来たり川遊び、プールやアスレチックととにかく外で過ごすことがほとんど。夜は一緒にバタンと寝てしまう。

 1日3回、ごはんの用意をして食べさせ片付けると、それにも時間がとられます。

 “今日は家でゆっくり……”は、子どもにはないらしい。

 3人いるので、家にいるとよく言えばにぎやか(とにかくうるさい)で、だいたい時間が経てばケンカが始まる。

 部屋は何度片付けてもあっという間に散らかるし、それなら外に、と結局出かけることになるのです。

「ふつうの毎日」をより快適にする

時間がある夏休み。気になっていた場所を整理
時間がある夏休み。気になっていた場所を整理

 それでも時間の制限のない休みは、気持ちが張り詰めてばっかりでもなく。

 ふと、時間ができたときには……

 “気にはなっていたけれど、手がつけられなかった場所”や、

 “なんか使いにくいけれどまあいいか、と放置していた場所”

 を使いやすくしていく作業に没頭。(すごく楽しい!!)

 私たちが過ごすほとんどが、“ふつうの毎日”。

 逃げたくなっても休みたくなっても、暮らしは続いていて。

 出かける日や特別な日を指折り数えても、そんな日はほんのたまーに。

 それなら、このふつうの毎日を、

 “あ、うまくいった!”“これもできた!”と、

 ちいさなちいさな喜びを感じることができたらいいよなあと、今更ながらにこの毎日に向き合いたいと思いました。

eriさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ