本みりんで楽しむ、とろりフレンチトースト

印刷用を表示
2018/08/29 12:00

本みりんを活用したおやつレシピを紹介する本連載。今回は本みりん×パンです。ぜひ試してみてくださいね。

本みりんは和食だけじゃないんです

 みなさまこんにちは。田辺真穂です。

 昔は甘いお酒として飲用されていた本みりんですが、今は、お料理に使う調味料としての認識の方が大きいですね。そして、本みりんを使用するお料理は、「和食」のイメージが強いと思います。

 しかし、コラムでご紹介しているように、スイーツの甘味として、シロップとして、リキュールとしてなど、和食のお料理以外でも本みりんは幅広く活躍してくれます。

 今日お伝えするのは、本みりんと楽しむパン。

 実は本みりんってパンにも合うんですよ。

 普段の食事はお米派のわたしですが、たまに朝食にコーヒーと一緒にパンを食べたり、おいしいパン屋さんに出かけたり、休日の朝に喫茶店でモーニングを楽しんだりしています。

 わたしの住む東海地方は、朝に喫茶店でコーヒーを頼むとトースト、サラダ、ゆで卵などがついてくる、モーニングサービスが充実しているんです。

 たまにパンを食べると、なんだか特別で、幸せな気持ちに包まれます。

 今日はそんな幸せをくれるパンと、本みりんをかけ合わせた、みりんのフレンチトーストをご紹介したいと思います。

基本のみりんのフレンチトースト

【材料】
食パン(6枚切り) 2枚/卵 1個/豆乳(または牛乳) 100ml/みりんシロップ 50ml

※みりんシロップの作り方はこちら

【1】食パンをそれぞれ4等分に切る。

【2】バットに卵、豆乳、みりんシロップを入れ、よくかき混ぜる。

【3】【2】のバットに食パンを10分ほど漬け込み、液を染み込ませる。

【4】フライパンにお好みの油を引き、弱火でじっくり両面に焼き目がつくように焼く。

 お砂糖を入れなくても、しっかり甘い、おいしいフレンチトーストの出来上がりです。

 油は、バターやココナッツオイルなど、香りがあるものを使うと風味がアップしておいしく仕上がりますよ。

 今回は、きな粉とみりんシロップをかけてみました。

 やはり、みりんときなこの相性は抜群! そのままでも十分おいしいですが、こちらもおすすめです。

 他にも、みりんでキャラメリゼしたナッツをトッピングしたり、焼きたてに、みりんあんことバターをのせた、あんバターフレンチトーストなんていうのもおいしそう♪

 なんて、いろいろと妄想が膨らませながら、いただきました笑

 ※ナッツのみりんキャラメリゼのレシピはこちら
 ※みりんあんこのレシピはこちら

 フレンチトーストのトッピングは自由自在! お好みで楽しんでみてくださいね。

みたらし風のみりんフレンチトースト

 次は、基本のみりんフレンチトーストをちょっとアレンジした、和風のフレンチトーストもご紹介したいと思います。

【材料】
食パン(6枚切り) 2枚/卵 1個/豆乳(または牛乳) 100ml/みりんシロップ 50ml/醤油 小さじ1

★みたらしダレ:醤油 大さじ2/本みりん 大さじ2

 作り方はとっても簡単。卵液に醤油を加えることと、最後にみたらしダレをかけること以外は、基本のみりんフレンチトーストと同じです。

みたらしダレの作り方

【1】鍋に醤油とみりんを入れて、弱火で火にかける。

【2】アルコールが飛び、少しとろみがついたら完成。
※分量が少ないので、すぐ沸騰して、焦げ付きやすいです。よく混ぜながら加熱してください。

 本みりんと相性抜群の醤油を加えた、甘辛な和風フレンチトーストの出来上がりです。

 みたらしダレの照りツヤもたまりません。本みりんの良さを生かした、みたらしフレンチトースト。これもまた、くせになるおいしさです。

 みたらし風のフレンチトーストも、ぜひ試してみてくださいね!

Writer PROFILE

  • 田辺 真穂さん

    Instagram:@chuuu0127

    blog:https://kitchen581.wordpress.com/


    優しい旦那さんとかわいい息子と、岐阜県の田舎で3人暮らし。インナービューティープランナー。育児に奮闘しながら、小さな料理教室を開催しています。

    ごはんやおやつを作る先、食べる先には、おいしい笑顔や大切な人たちとの時間があって、心と体の健康や、美しさがある。「作る先、食べる先には、幸せしかない。」そんなことを叶えたくて、腸を整えるおうちごはんや、本みりんを活用したみりんスイーツをお伝えしています。

田辺 真穂さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ