やっと出会えた!大正解コーヒーメーカー

印刷用を表示
2018/08/28 06:00

子育て中のコーヒーライフの楽しみ方とは? フードプランナーの渥美さんが選んだ、お気に入りコーヒーメーカーについてのお話です。      

子育てで縁遠くなってしまったコーヒーショップたち。

 2月に息子を出産し、ただいま絶賛0才児育児の私。

 初めてのことばかりでテンパりつつも楽しく子育てをしていますが、子どもを授かって「できなくなったこと」も当然ですが、たくさんあります。

 例えば、コーヒーショップへ行けなくなったこと。

 仕事をしていた頃は、当然のようにコーヒーショップへ足を運びブレイクタイムを味わっていましたが、赤ちゃんができるとコンビニコーヒーさえも危ぶまれてしまいました。ましてや今年は記録的な暑さで、そんな中幼い子どもを連れ回す勇気もなく、泣く泣く自宅のインスタントコーヒーにお湯を注ぐ日々(私は完全ミルク育児です)。

 そんな私の小さな悩み(小さいけど、四六時中自宅で子育てしている私には死活問題!)を見かねた主人と、一緒にコーヒーメーカーを見つけるネットサーフィンを始めました。

何回も失敗したコーヒーメーカー選び。今回の決め手は低価格で挽きたて

 コーヒーメーカーって「買ってみたけど思ったより使わない家電」ランキングで、上位にランクインしそうな家電だと思いませんか?

 私も、一人暮らしを始めた学生時代から10年間の間で、少なくとも4台は、「宝の持ち腐れ」状態からのフリマ行きを経験しています。

 お手入れが大変だったり、自力で挽くタイプは何かと面倒だったり、フィルタータイプは思ったより美味しくなかったりで、結局コーヒーショップに足を運んでしまっていた私。

 さまざまな反省を込めて、今回重視したポイントは【低価格であること】と【挽きたて】にしました。

 海外製の本格的なコーヒーメーカーは買わず、本当に美味しいコーヒーが飲みたいときはコーヒーショップで楽しもうという判断を下し、低価格の1万円以下で検討しつつ、挽きたては死守しました。

 多くのコンビニコーヒーが挽きたての現在、おうちコーヒーも挽きたてでなくては、自宅でコーヒーを飲みたいという気持ちにならないだろうという視点から。このポイントは比較的、的を射ていました。

  • 1
  • 2

渥美まいこさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ