仕事をしながら、家をきれいに保つには?

印刷用を表示
2018/09/09 12:00

仕事をしていると、どうしても掃除が後回しになりがちです。でも、週末にまとめて取り掛かると、家族との時間や自分の時間を作れなくなることも。そこで、miyabiさんは“わざわざ掃除をしなくてもいい”ように工夫をはじめました。

楽に掃除をするには?

 こんにちは、Miyabiです。

 これまで家事と収納のことで仕事に復帰してからの変化をお伝えしましたが、今回は掃除のことについてお話したいと思います。

 専業主婦だったころは毎日午前中に掃除機をかけ、部屋を片付けたりお風呂の掃除をしたりしていたのですが、働くようになってからは掃除をするためのまとまった時間が取れなくなりました。

 掃除は後回しでまずはご飯の用意や明日の準備などに追われ、家の中が多少散らかっても仕方がないと目をつぶっていました。週末にまとめて掃除をすると何時間もかかってしまい、せっかくの休日が家仕事で終りなんて時もありました。

 そういう過ごし方もたまにはいいのですが、家族と過ごす時間や自分のための時間も持ちたいと思った時、わざわざ掃除をしなくてもいいようにしよう、楽に掃除ができるように少しずつ変えていこうとそこからいろいろ試すようになりました。

まず断捨離をしました

 棚や机の上、床に物があると掃除が手間になるのでなるべく収納できるように持ち物を見直しました。その中でも特に玄関回りをすっきりさせて簡単に掃除ができるようにしました。

 前までは宅配便が届いた時に慌てて玄関を片づけていたのですが(笑)断捨離して靴を靴箱に納まるだけの数にしたら靴をしまう動作が楽になり、すっきりした状態が保てるようになりました。掃除は家族を見送るついでに箒でササッと掃いておしまいです。

 そんなふうに、物を減らして家中すっきりさせることを心がけていますが、そうはいかない場所も。我が家の場合バスルームが悩みのタネでした。

 夫、私、娘、それぞれシャンプーやボディーソープなど全て違うものを使っています。容器の数の多いこと多いこと。掃除をしても綺麗に見えずごちゃごちゃしていました。

 それを先日、全て無印良品の詰め替え容器に統一してみたら(誰の物かわかるように目印をつけて)容器の数は多いままでもバスルームがすっきりしました。掃除をしてもなんだかしっくりこなかったところが少しの工夫で変われたことが嬉しくてお風呂掃除が前より楽しくなりました。

気づいたときにサッと拭けるように

 断捨離に加えて、ながら掃除をちょこちょこするようにしました。

 たとえばキッチン。ご飯を作っている最中や後片付けをした後など、目につく汚れを見つけたらササッと拭けるように100円ショップで買ったウェットティッシュをキッチンに置くようにしました。布巾で拭いてもいいのですが、サッと拭いて捨てたら終わりというのがずぼらな私には向いています。

 お料理をした後の床をティッシュでササッ。コンロ周辺の壁も意外と汚れているのでそこもササッ。冷蔵庫も中身が少なくなったタイミングでサッと拭くなど、キッチンに立ちながら気になるところをこまめに掃除するようにしました。

 そうすることで、わざわざ掃除をするということがなく綺麗な状態をキープできるようになりました。

ちなみに、キッチンやトイレ、お風呂掃除などほぼ全てウタマロクリーナーで掃除しています。
ちなみに、キッチンやトイレ、お風呂掃除などほぼ全てウタマロクリーナーで掃除しています。

 また、我が家は犬を飼っているので毛が床によく落ちます。掃除をしてもまたすぐに落ちています。それに髪の毛もよく目につきます。

 そこで洗面室にクイックルワイパーを置いておき、歯磨きしながらワイパーで床を掃除し、そのついでに廊下とリビングもワイパー掃除をするようにしました。

フロアワイパーでながら掃除。その他お掃除グッズ使い古した布巾は雑巾にしています。
フロアワイパーでながら掃除。その他お掃除グッズ使い古した布巾は雑巾にしています。

 1日2回歯磨きしながら朝晩の日課になったので、床の汚れも以前ほど気にならなくなりました。これは子どもたちにもお願いして、余裕がある時はしてもらうようにしました。

 基本、平日はクイックルワイパーで休日に掃除機をかけるようにしています。

  • 1
  • 2

miyabiさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ