家事をしながら、秋のカラダを楽にする方法

印刷用を表示
2018/09/13 06:00

夏の暑さのせいで、身体に疲れが残っている気がする方に。ヨガインストラクター・みうさんが、家事をしながら秋のカラダを楽にしてくれる方法を教えてくれました。

クーラーや冷たい食べ物で、身体を冷やしすぎた方に

 今年の夏は、各地で35度を超える猛暑日が続きました。私の住む京都でも37度、38度という記録を観測し、日中外に出ると「危険」と感じるような夏を体感しました。

 そう暑いとついつい、エアコンの設定温度も低くしがち、1日汗をかかなかったり、冷たいアイスなどの食べ物や飲み物で胃を冷やしすぎたという方も多かったのではないでしょうか。

 私も今年の夏は、特にかき氷系のアイスを好んで食べていました。

 夏はそれでも「涼しくて気持ち良い~」と感じるのですが、あまりに体を冷やしすぎると、そのツケが回ってくるのが秋に入るころ。

秋は体に冷えや乾燥の影響が出始める頃

 気温も涼しくなり、空気も乾燥してくると、体の外からも徐々に「冷え」「乾燥」の影響を受けやすくなります。夏の冷房や食べ物での冷えが溜まっていると、よけいに秋が堪えます。

 季節の変わり目に肌荒れなどのアレルギーや体調不良を起こす方も多いですね。それも秋の「冷え」や「乾燥」が関わっていることも。

 そんな秋にオススメの体のほぐし方を今日はお伝えしたいと思います。

  • 1
  • 2

みうさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ