お家鍋を「だし」の力でもっと美味しく!

印刷用を表示
2018/09/15 20:00

東京でもようやく秋の気配を感じられるようになった頃、茅乃舎さんから秋冬の新商品発表会の開催が届きました。参加してみると、冬にお鍋を囲むのが楽しみになるような、お鍋の商品がたくさん! とても美味しかったので、ご紹介させてください。

「だし」の香りと旨味でお鍋はこんなに美味しくなる

 お鍋は、ザ・家庭料理です。地域や家庭によって、ベースや入れる具材も違えば、お鍋を囲む時のルールも違います。友だちと鍋パーティーをすると、「そんなもの入れるの?!」とびっくりした経験が、皆さんもあるのではないでしょうか?

 市販の鍋つゆを買うのか、自分で出汁を取って味付けするのか、うま味調味料の力を借りて調味するのか……など、作り方も家庭ごとに全然違うでしょう。

 先日、茅乃舎の秋冬の新商品発表会でいただいたのは、「だし」と「つゆ」で味わうお鍋でした。作り方は、パックでだしをとった後、別袋のつゆを加えるだけ。

 自分でも作ってみたのですが、だしを取り始めてから具材が煮えるまで10分程度しかかかりませんでした! だしを取るなんて面倒というよりは、むしろ「イチからだしをひく」というひと手間で、「ちゃんと料理をしている感」があって、ぐっと美味しさが深まる気がしました。

 茅乃舎から今年発売されるのは、「あご寄せ鍋のだしとつゆ」「塩白湯鍋のだしとつゆ」「柚子塩鍋のだしとつゆ」「だししゃぶ鍋のだしとつゆ」「胡麻鍋のだしとつゆ」「生姜鍋のだしとつゆ」「辛味噌鍋のだしとつゆ」「豆乳鍋のだしとつゆ」の8種類。

 8種類すべてを実食したわけではないのですが、茅乃舎さんのおススメも含め、特に美味しかったのが「あご寄せ鍋のだしとつゆ」と「柚子塩鍋のだしとつゆ」でした。

 まず、「あご寄せ鍋のだしとつゆ」は、茅乃舎さんの一番の自信作だそうで。この商品のために作られたあご節から出るおだしは、かつおほど主張が強くなく、きりっとした味わいでした。8種類の中で一番オールマイティに使え、具材や薬味のアレンジが楽しめそうです。

てっぺんのかつお節の左横にあるのが、あご節です

一番上のかつお節の左横にあるのが、あご節です

 次に、「柚子塩鍋のだしとつゆ」。個人的には、これが大好きでした。

 口に入れた瞬間から「わ、柚子のいい香り!」とびっくり。つゆに入っている柚子の果汁と、別添えされている柚子皮のチップがとても効いていました。このお鍋は、具材を絞ってシンプルにいただくのが良さそうです。冬至は柚子湯に入るのが一般的ですが、今年は柚子鍋を囲むのも良いなぁとワクワクしました。

 もちろん化学調味料や保存料は無添加ですし、だしの香りが豊かな分、塩分が控えめな点も嬉しい。パッケージには、和紙が使われているので、ちょっとしたお土産やプレゼントにしても喜ばれると思います。

 お家のお鍋をお店の味にしてくれる、8種類の鍋シリーズ。もう少し涼しくなってきたら、全部試してみようと思っています。

 余談ですが、試食を出していただく際に用意されていた割りばしの袋に感激しました。私は初めて見たのですが、とっても便利! 飲食店などにも広まってほしいです……!

関連リンク

これもおすすめ