「汚部屋を片付けたい気持ちはあるけど、できない。こんなわたしでも変われるのかな……」そんな気持ちをお持ちの方は意外と少なくないのでは? 今回は、そんな女性の一人に対して、やまさんがアドバイスします。

わたしでも変われますか?

 

 実は同僚がやまぐちさんの連載を読んで

 「こんな風に片付けたいと思っているんだけど、できなくて、床が見えないような汚部屋に住んでいます。わたしみたいな人でも、変われるんでしょうか? それとも病気なんですかね?」

 という感想と質問をくれました。

 『みんなの暮らし日記ONLINE』の担当者様からこんなご連絡をいただきました。

 そこで、ご自宅のご様子の分かる写真・間取り・資料を送っていただき、アドバイスをさせていただくことにしました。

 私がお部屋を拝見した感想は「すぐ、片付きますよ!」でした。

 空間の整理でしたら6時間もあれば十分に片付きそうです。ただ、片付けは空間の整理は物を動かすだけですが、心や思考の整理は時間がとてもかかります。

 今回はメールベースでのご相談だったので、空間の整理にのみ焦点を当てることにしました。

散らかっているものは何?

 まず、着目すべきは「何が散らかっているか?」の「何が?」です。

 いただいたお写真と間取りをもとに、簡単に「何が」散らかっているか? を大きく色分けした図がこちらです。

  • 洗濯物(青)
  • 衣類(グリーン)
  • 袋・バッグ(紫)
  • ゴミかどうか判別が難しいモノ(赤)

 大まかにはこの4つ。

 視覚的に一番空間を消費しているものが、洗濯物・衣類でした。

 クローゼットの前に洗濯物を干す竿を置いてしまっているので、クローゼットの扉が開けにくい状態です。

紫色の丸はバッグ・緑は衣類です
紫色の丸はバッグ・緑は衣類です

 結果、本来クローゼットへ収まるべきバッグ類・乾いた洗濯物などが帰れなくなり、床に散らかるという状態が生まれます。

 いただいたお写真を様々な角度から見ても「衣類とバッグ」

 ここを重点的に改善するためにも、この二つが物の家(クローゼット)へ帰る道を作るためにも、洗濯物をリビングに干すことを止める必要があります。

 「どうしてリビングに衣類を干すのですか?」とお伺いしたところ、「住居が1階です。下着泥棒や一人暮らしの安全のため」とのことでした。

 女性の一人暮らしあるあるかもしれません。

物干し場所を作ろう

 そこで、まずは洗濯物を干す場所の確保としてご提案。

 市販のツッパリポール(我が家では耐貨重量50キロの物)を浴室へ張ります。

 浴室で使うと錆などを心配される方もいますが、茶色の錆の汁が落ちるなどは、ほぼなく。かれこれ8年ほど浴室にツッパリポールを使っていますが、支障はありません。

 室内の洗濯物をユニットバスへ移し、クローゼットを開け閉めしやすい状態を作ります。

 洗濯物も、除湿乾燥機を使えばユニットバスが簡易乾燥室に変身です!夜の洗濯物も、朝には乾きます。

 入浴後→洗濯→乾燥→入浴前に洗濯物の片付け

 という一連の流れができるとGOOD!です。

リビングを多機能化させない

 一人暮らしのリビングの場合は特に居間・寝室・書斎などの機能が集まり、多機能化してしまいます。

 さらに、そこへ物干し場という機能がプラスされれば、機能が増えた分モノも増えます。

 今回の場合は洗濯物を干すラックが前にあり、邪魔をして扉を開けにくい状態ですので、衣服がしまえない上に、クローゼットが魔窟化してしまいました。

 ダイニングキッチンスペースが脱衣・洗濯スペースになっていることと、安全のために外へ洗濯物が干せないという状況でしたら、

 除湿機を1台購入→夜洗濯→浴室に干す→夜間に除湿乾燥→朝か、夜の入浴前に洗濯物を片付ける

 という

  • 「洗った洗濯物を最後まで片付ける流れ」を習慣として1つ作ること。
  • リビングの機能性を分ける

 今回のケースのお困りごとを最初に解決するとしたら、ここからです。

 物干し機能と洗濯サイクルを用意することで“クローゼットの機能”が回復します。

次に、クローゼットの整理

 物干しを移動して、クローゼットの扉の開け閉めがしやすい状態へ機能を回復して、初めてクローセットの整理が始まります。

 クローゼットの中身を一度全部出してみて、

 今、一軍として「今、まさに!」で着ている旬の服ベスト10!!!!

 これを飾るように1回入れてみてください。

 いいな〜♬ と心踊れば、それが形になるようにします。

 クローゼットに収納する際に大切なことは、1軍・2軍や、用途別など「分ける」こと。

 服は見た目の面積も多く取ってしまうので、まずそこの改善が行われるだけでも、視覚的なストレスと動線の改善が得られますので、楽になりますよ。

  • 1
  • 2

やまぐち せいこさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ