暑い季節が終わると、風が涼やかになり、自然の彩りも少しずつ変化していきます。にこにこ農園のTomomiさんは移ろう季節の中で、こんな植物を楽しんでいます。

夏が終わり、畑の風景も変わります

 こんにちは、にこにこ農園のTomomiです。

 今年の夏は暑い暑い日が続きましたね。

 しかし、立秋を過ぎたあたりから、畑ではトンボがすいすい飛び、草むらでは「リーン、リーン」と秋の虫が鳴き始めました。

 田んぼも、早生(わせ)のコシヒカリの稲刈りを8月下旬から9月の始めに予定しています。

 稲穂が黄色くなり、頭(こうべ)を垂れたら稲刈りです。お天気と相談して、無事に稲刈りできますように!!

 さて、8月のお盆も過ぎると、野菜や果物の並ぶ顔が変わってきますね。

 畑では、冬の野菜の苗を植えています。

 ブロッコリーやキャベツはトレイに種を撒き、小さな苗にしてから畑に植える。

 よく聞かれるのは「畑にそのまま種を撒く野菜と、苗を作ってから植える野菜の違いがわからない」。

 基本「根っこ」を食べるものは、直播き(じかまき)。人参、大根、かぶ、ごぼうなどね。

 葉を食べるものも直播き。ほうれん草、春菊、小松菜などね。

 土より上にできる実のものは、苗を作って植える。ブロッコリーキャベツ、白菜などね。

 玉ねぎ、パクチー、ルッコラなど、苗を作ってから植えるものもあるけど、ざっくり覚えるとそんな感じです。

 よく畑に体験に来る子どもたちが大根や人参を抜いて、思ったものと違ったのか、抜いたものを戻す人がいるけど、根を食べる野菜はね、抜いてしまったら戻しても育ちません。

 案外、大人も知らない人もいるかもね。

 夏の終わり頃、出荷する野菜が少し途切れます。

 畑では秋の里イモ、新ショウガ、ネギ、新人参などが次に待っています。

 夏野菜もだんだんフェードアウトして、冬の野菜の場を作っています。

こんなドライフラワーどうでしょう?

 夏の暑い時期は私の楽しみ、切り花がすぐに悪くなってしまって、長く楽しめません。

 毎日お水を換えても、もって2~3日。

 まあ、しょうがないよね。お花も夏場は暑いんだもの。人の都合通りには行きません。

 そんな時こそ、「ドライフラワー」を作ってみるのはいかがでしょうか?

 もしね、畑で何か作っている人がいたら、私のおすすめは「オクラのドライフラワー」です!!

 オクラを作ったことがある方なら知っている……

 朝見たオクラは、夕方にはでかく!!なっている!!

 私だけではないはずですよ。大きすぎて固くなってしまったオクラが畑にコロコロしている人は……。

 そんな時はオクラのドライフラワーを!!ぜひに!!

 実ものは存在感があり、赤オクラなんぞや、色うつりの美しいこと!!

 ドライフラワーにしたくて、わざと大きくしてますのよ。わたくし(汗)

  • 1
  • 2

tomomiさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ