ミニマリストゆりさんの独り言。今回は「買ったらすぐに使う」がテーマです。とりあえず安いから、とセール品を買い込むよりも、必要な分だけ購入して使い切ったほうが結局お得でスッキリ暮らせると語るゆりさん。耳を傾ければ、持たない暮らしのヒントが見つかるかも。

1週間以内に使わない物は買わない

 「買ったら使う」だなんてなんだか当たり前のように聞こえますが、
 買ったモノ(もらったモノの中で使おうと手元に残したモノ)って意外と使わずに買った時のまま、もらった時のままだったりしませんか?

 自分を例に挙げてみると…

 いつもより10円安かったもやし
 100均で見つけたかわいい封筒
 旅行のお土産で買ったキーホルダー
 来年のためにと去年ネットのセールで買ったアウター
 一瞬ハマった刺繍用の糸

 など出るわ出るわ。

 たくさん手放した後で買い物にも慎重になっていて、高いモノを買う時も、安いモノを買う時も
「この買い物は最高」と思っているし、
 もちろん使うために欲しくて買ったモノなのに、
 それでもまだまだお蔵入りのモノを増やしてしまう自分はもう謎でしかありません。

 そんな自分に失望しつつもこの現状からは早く脱却したい! いや、脱却せねばならない!
 ということで私なりに対策を立ててみました。

 すごく簡単なんです。
 それは買ったら「すぐに」使うこと。

特にもやし。服もしかり。
特にもやし。服もしかり。

使うものだけ買う、これが結局お得

 結婚式出席用のワンピースだったり、
 来月の旅行で着る予定の水着だったり、
 1つは必ず持っていなければいけないモノ、
 TPOやあらかじめ使う日が決まっているようなモノは別ですが、
 それ以外は本来なら買ったらすぐに使うことができるはず。

 服なら買った次の日着ればいい。
 その場で値札を取ってもらって着替えてもいいくらいです。

 新しい服はなぜだか気分をハッピーにしてくれるし、たくさん着られた服はどんどんコスパがよくなって、「あぁ、やっぱりこの服買ってよかったな」と思えます。

 家で着てみたらサイズが微妙に違っていたり、しっくりこなかった……なんて時も、購入してすぐなら返品交換してくれるお店もあります。
 (とりあえずユニクロ・GUなんかは嫌がらずに対応してくれるのでありがたいです)

 食材なんかも同じです。
 調味料などを除けば、遅くても1週間以内に使う予定のあるものだけを買うこと。

 常温・長期保存のレトルトやカップ麺でさえ賞味期限を切らしてしまう私なので、
 「なんにもない日にいいかも」
 なんて適当な買い置きは敵だということを最近棚の奥から見つけた半年ほども期限切れのレトルト食品を見ながら実感しています。

奥の最下段は取り出しにくすぎるので、何も入れてません。
奥の最下段は取り出しにくすぎるので、何も入れてません。

 結局のところ、その方がお買い得品を買うよりもお得なんです。

 「10円単位で得をして、100円単位で損をする」
 得した時は(特に値引きチケットなどをきちんと使えた時の達成感といったら)自慢げに聞かれてもいないのにペラペラ話しますが、損した時なんかはひっそりこっそりと捨てます。

 誰もが経験していることだろうとは思いますが
 安売りで買ったもの(特に食べ物でやりがち)を捨てなければいけない時の切なさよ。

 安いものほど簡単に買ってしまうので気をつけたいものです。

  • 1
  • 2

ゆりさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ