iStock.com/Rawpixel Ltd

神奈川県藤沢市で親子でくつろげる「親子カフェ」を経営している山田さん。これまでのべ15,000人の親子をお店に迎え、子育ての悩みを聞くことも多数。ご自身もフルタイムで働き、3人の子を持つお母さんです。今回は、自分時間をつくるための「手帳とノート」の活用術その1として、手帳の選び方を教えてくれました。  

 

なぜスケジュール管理が難しいのか?

 Q 働く母です。子どもは保育園と小学生です。フルタイム勤務で仕事の予定は当たり前ですが、そこに保育園と小学校のスケジュール管理もあって大変です。将来はやりたいこともあり資格の勉強もしたいのですが時間がありません。上手に時間を管理する方法はありますか?

 こんなお悩みをお持ちの方、とても多いですね。

 夕飯の献立を考えて買い出しに行って、

 駅前にしか売ってないあれは、

 次に行ったとき買わなきゃ。

 学校の行事であれがいる、これがいる、

 あぁ、そうだ、子どもの服も小さくなったな。

 小学校は家庭訪問、保育園は懇談会!

 あ、先方に出す見積書も作成しなきゃ。

 打ち合わせ先に1件、電話をして……。

 「あぁ!気づいたらお迎えの時間だ!!!」

 こんなふうに、育児・家事・仕事のやることがいっぱいで

 頭の中がごちゃ混ぜになっていませんか?

 家事育児と一言にいっても、

 ただ洗濯・掃除・食事だけではなく

 買い出しとか子どもの行事予定など

 やることはたくさんありますよね。

 さらに働くお母さんであれば仕事もあります。

 いま働いていない方も将来やりたいことや

 仕事復帰に向けての準備など

 自分のための時間がほしい!

 という方も多いと思います。

 スケジュール管理、難しいですよね。

 私も子どもを産んでから起業して、

 店を経営しながら3人目の出産。

 いまでは3人の子育てをしながら

 主に4つの仕事をやっています。

 私の場合は自営なので始業・終業時間が

 ハッキリありません。

 家に帰っても仕事の電話もあるし

 パソコンに向かってやりたいことは

 常に山のようにあるので

 週末の朝も仕事をしています。

 私の場合、好きなことを仕事にしているので、

 全く苦にならないのですが……

 とにかく時間が足りない!!!

 もっとほしい!!!

 なんとかしたい! と強く思っていました。

 いろんな時間管理術の本を読んで、試行錯誤の末に、

 以前よりもスケジュール管理ができるようになり、

 仕事がはかどり、子どもたちと遊び、

 自分の時間も持てるようになりました。

 きっかけは「手帳とノート」の活用を身に着けたことです。

 その方法をご紹介したいと思います!

山田綾子さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ