パリ在住のマダム愛さん。パリジェンヌのファッションチェックをしていて、驚いたこととは?(写真=iStock.com/davidf)

おしゃれなパリジェンヌ。でも実際は?

 パリに住んでいると言うと“パリジェンヌっておしゃれなんでしょ~?”なんてよく聞かれます。

 これは間違いなく雑誌の影響が大きいかと。おしゃれなパリジェンの特集を組んでいる日本の雑誌って非常に多いですよね。

 先日、日本に一時帰国していたとき、いつもの美容院に行ったら、愛さんならこちらを~と言って、パリ特集が組まれた3~4冊の雑誌を用意してくれておりました。

 どれも最近発売の新しい雑誌よ、なんて言われて、日本の女性たちのパリジェンヌに対する関心の高さに改めて驚かされました。

 そして、そう言えば私も日本にいるときはこういう雑誌で、パリの女性って素敵だな~と、ぼけーっと眺めていたことがあったな、と思い出しました。

 日本女性の憧れにもなっているパリジェンヌたち。

 そんなパリジェンヌにもまれながら生きている私。

 今の私の率直な感想は“パリジェンヌって、本当におしゃれでかっこよく見える~!!! でも実際は、日本人の方がちゃんと洋服には気を遣っているし、美意識は高いな”です。

飾らず、自然なのにかっこいいパリジェンヌ

 確かにね、パリジェンヌたちって、とってもおしゃれに見えるんですよ。

 無造作にまとめられた髪の毛とか、ぐるぐるに巻かれたスカーフとか、アンティークのバッグとか、ドキッとするようなド派手なピンヒールの靴とか。

 とにかくみなさん、飾らなくて自然なんだけど、どこかかっこいいって思える、個性的なおしゃれをされているのです。

 でも、なんというか、パリジェンヌのおしゃれって、パリジェンヌだからできるファッションな場合が多く、それを私たち日本人が真似して、日本の街で歩いたら“おしゃれ”といわれるかと言ったら、そういうわけではない感じ。

 むしろ同じ格好をしても、何あのファッション!と、笑われる可能性のほうが高いと思うのです。

パリジェンヌを真似してみたけれど……!

 まだパリに住み始めてまもなかった頃。

 冬に、髪を無造作に1つにまとめ、スカーフやマフラーをぐるぐる巻きにしてさっそうと歩くパリジェンヌのかっこよさにほれぼれし、これなら私にもできそう! さっそく真似しよう!と、パリのお店でロングスカーフを買って実践したことがあったのですが、私がやったら、頭でっかちのまるで“コケシ”状態。全然かっこよくないのです。

 そこで痛感。うん、パリジェンヌは顔が小さいからぐるぐる巻きでも絵になるし、足が細くて長く下半身がスラーッとしているから、上半身をがっつりさせてもかっこよく決まるんだな、と。

 そんなことがあってから、おしゃれだな~と思うパリジェンヌを見かけても、一定の壁をつくって客観的に見るようになった私。

 そうすると意外に彼女たち、おしゃれに全然気を使ってない!? と思えることをたくさん発見したのです。

マダム愛さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ