「献立を考えるのが苦痛」を改善する方法

印刷用を表示
2018/10/10 06:00

家事の中でも、献立を考えるのが大変! という人は多いですよね。シンプルライフを理想とする、整理収納アドバイザーのlinenさんが教えてくれる、献立づくりと、食材管理の方法。なるほど参考になりそうです。

外食は苦手、なのに料理も苦手な私

 外食はあまり好きではなく、毎日のごはんは自分たちで作った料理を食べたい。なのに、料理が苦手で、特に献立を考えるのが苦痛、という私。

 そこでせめて、献立を考える作業を少しでも楽にしたいと工夫をしています。

 社会人になりたての頃は、料理のレパートリーがほとんどなく、いくつかレシピ本を買いこんで格闘していました。しばらくしてから、分厚いレシピ本をいくつか持っていても、全部の料理をつくることはなく、決まったレシピしか見ないことに気づきました。

 それなら必要なレシピだけ抜きとって、自分がいつもつくる定番料理だけをまとめれば、献立を考えるのも簡単じゃないかな、と思って始めたのがマイレシピファイルです。

 その後、紙に貼ってファイリングする方式から、現在のカード方式に変わりましたが、我が家の定番メニューだけをまとめた形は続いています。

 色画用紙(100円ショップでこのサイズで売っていました)を使って、赤系は肉料理、青系は魚料理、緑や黄色は副菜、黒は麺や丼などとざっくり色分けしています。

 そうすると献立を考えるときもメインは「赤」か「青」から1品決めて、副菜は「緑か黄」から1品決めればOKです。

 手の込んだ料理を品数多く並べて…というのは私にはハードルが高いので、無理なく献立を考えられるようにしています。

レパートリーは少なくてもいい

 目先の変わったメニューを雑誌やwebサイトからどんどん取り入れた時期もありましたが、最近は少し考えを変えました。自分も家族もなじんだ味でいつもおいしく食べられる料理があれば、レパートリーは100も200もなくていいんじゃないかな? と思ったのです。それで、レシピカードを厳選して、だいぶ数が絞られました。

献立表で買い物リストもつくれる

 我が家は、1週間分の食材をまとめて購入するのが長年の習慣です。

 ということは、1週間分の献立を考えておき、必要な食材などをリストアップする必要があるわけです。

 最近は生協も利用するようになり、注文は少し前にしておかなければならないので、食材リストづくりはかなり複雑になってきました。

 そこで作ったのは「予定表」兼「献立表」兼「購入リスト」兼「食材管理表」です。

 どうしてこんな表が必要かというと。

 ◎予定が詰まっている日は簡単につくれる料理にしたい。

 ◎明日はこのメニューだから前日に食材を解凍しとく、が、わかるようにしたい。

 ◎生協に注文するものと、スーパーで買うものを区別したい(買い漏れを防ぎたい)。

 ◎食材を使い忘れて捨てるようなことは絶対にしたくない。

 こんな思いをすべて盛り込める表のテンプレートをつくったのです。

 予定を見ながら献立を考え、必要な食材を書き込んでいきます。そうすると自動的に買い物リストもできちゃう仕組みです。

食品ロスがなくなる、ひと工夫

 食材リストを書き込むときは、ひと工夫しています。

 生協に注文するものは印なし、スーパーで購入するものは( )書き、前の週に余った食材を使うときは△印をつけるんです。じゃがいもが余っていたのに、また買っちゃったーというのを防げます。

 それから、使いきった食材は斜め線(/)で消していくと、余った食材がわかるのもポイント。翌週の献立づくりのときに、わざわざ冷蔵庫の中をのぞいてみなくても、表を見れば、「余ったコレを使った料理を考えよう」となります。

 ちなみにこの表は、冷蔵庫の横に貼ってあるので、いつもチラチラ見て確認しています。

 以前から注意はしていましたが、この表で食材管理できるので、我が家では「食品ロス」はゼロです。食材を使い忘れてダメにしてしまう、というのは、ほんとにしたくないことです。経済的にもムダだし、何より食べ物を大切にしたいですよね。

 それぞれの家庭で「我が家流」の献立づくりや食材管理の方法を考えてみると、毎日の家事が楽になるのではと思います。 

Writer PROFILE

  • linenさん

    「Linen Style」http://linenstyle.net/

    整理整頓と、収納が大好き。シンプルライフを理想とするアラフィフです。
    25年の公務員生活の後、整理収納アドバイザーに転身しました。
    長い共働き期間中に培った家事を楽にする整理収納術や、収納名人でなくてもスッキリと暮らせるコツをお伝えするため、整理収納レッスンを開催中です。
     

linenさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ