チョコレートみたいなアクセサリー作ろう!

印刷用を表示
2018/10/09 20:00

秋になってくると、濃厚なお菓子が美味しくなってきますね。そして、涼しくなってくるからでしょうか、ハンドクラフトをして時間を過ごしてみたくもなります。そんな2つの欲求を満たせるワークショップがあるんです。

チョコとアクセサリー作りを楽しめる催し

 こんにちは、編集部のイトウです。

 ネスレのチョコレート「ラトリエ」と、手作りアクセサリーのパーツ専門店「貴和製作所」がコラボして、ちょっと変わったアクセサリー作りのワークショップがスタートします。

 変わっている点は2つ。

 1つはチョコレート「ネスレ ラトリエ」の試食ができるという点。

味は3種類。どれも試食できちゃいます!
味は3種類。どれも試食できちゃいます!

 このラトリエという商品、もし、ご存知の方がいたら結構なチョコ好きさんです。というのも、ヨーロッパで流通していて、普段日本では取り扱っていないチョコレートなんです。

 日本では昨年の冬から春にかけて期間限定で出回ったきり(今年もこれから春先くらいまで販売予定とのこと)。

 そんな貴重なチョコレートとアクセサリー作りを楽しめちゃう、1粒で2度美味しいイベントが今回のワークショップです。

 変わっている点の2つ目が「本物のナッツとドライフルーツ」を使用して、ラトリエをイメージした「チョコレートみたいなレジンアクセサリー」を作れる点。

これらを材料にして……
これらを材料にして……
こんな感じのものを作ります。
こんな感じのものを作ります。

 ときどき、お菓子やフルーツを使ったアクセサリーをお店なんかでも見かけますよね。食品を使ったアイテムって可愛い反面、自分でチャレンジするのは少し勇気がいります。なんせ、なまもの。加工に失敗すると腐らせたり、虫が来たりしそうです……。

 その点、ワークショップでは貴和製作所のスタッフさんが丁寧に教えてくれるので安心です。

 こうなってくると気になるのは、難易度ですよね。

 お店の方曰く「はじめての方でも楽しく参加できる初級レベル」とのこと。本当でしょうか? 実際に試してきました!(筆者のアクセサリー作りの経験値はゼロです)

早速スタートです

 会場になったのは貴和製作所ラフォーレ原宿店さん。こちらでは購入した商品を使って、クラフトができるスペースがあります。ワークショップもこのスペースを利用しました。

 席につくと、机の上には知育菓子のようなキットが用意されていました。

机の上には知育菓子のようなキットが用意されていました。

 まずはラトリエをイメージした3色のアクセサリーの内どの色を作るかを決めて、ナッツやフルーツを必要分トレーに入れていきます。

 私はヘーゼルナッツ、クランベリー、アーモンドとピンク系のスワロフスキー・ストーン、パールの組み合わせにしました。

 次に透明なレジンと、レジン用の着色剤を混ぜてチョコレート色にします。

紫外線やLEDライトで固まるUV-LEDレジンというものを使用しました。
紫外線やLEDライトで固まるUV-LEDレジンというものを使用しました。

 写真だと本当にチョコレートのように見えますが、実物は意外と薄くてマーブルっぽい感じ。よく混ぜたらチョコレート色のレジンをシリコン製のモールド(型)に流し込みます。

型の3分の1くらいの高さくらいまで隙間なく入れるとのこと
型の3分の1くらいの高さくらいまで隙間なく入れるとのこと

 恐る恐るレジンを垂らして型を傾けながら全体に行き渡らせる作業は、小学生の頃にはじめてバレンタインのチョコづくりをした時を思い出しました。単純な作業なんですが、これでいいの? とドキドキするあの感じです。

 ここで一度レジンを硬化させます。UVを照射させるマシーンで2~4分くらい。

 待っている間にラトリエを食べて小休止。濃厚でいてくどくない甘さと、ナッツのザクザクが美味しい……。

チョコレートの味はミルク レーズン&ナッツ、ミルク クランベリー&ナッツ、ダーク ブルーベリーナッツ。
チョコレートの味はミルク レーズン&ナッツ、ミルク クランベリー&ナッツ、ダーク ブルーベリーナッツ。

 レジンが固まったら、透明レジンにナッツやフルーツをくぐらせて、先程のチョコレート色レジンの上にレイアウトしていきます。

 素材一つひとつが結構大きくて、気持ち良い配置場所を探すのが意外と難しい……。

 続いてクリスタルやパールをピンセットで配置します。この時点ではまだストーンやナッツは固定されていないので、少し触れると位置がずれます。ストーンのキラキラした面が表になるように置きながら、元の位置から動いた分を調整する作業です。

 センスや器用さ、個性が一番出てくる部分かもしれません。

私はストーンを中央に固めすぎました……
私はストーンを中央に固めすぎました……

 配置が完成したら、隙間を埋めるように透明レジンを爪楊枝などを使って流し込んで、再びレジンを硬化させます。

 そして、いよいよ型から外します。割れたりしないかな? とドキドキしましたが、意外とすんなり出てきました。

 最後に、ネックレス・ヘアピン・キーチャームの中から好きなパーツを取り付けて完成です。

私はキーチャームにしました。
私はキーチャームにしました。

 おもしろいのは、同じ素材や作り方なのに一人ひとりの作品がぜんぜん違うこと。

先生作のお手本。イトウと全く同じ組み合わせ。
先生作のお手本。イトウと全く同じ組み合わせ。
他の方が作ったネックレス。グリーンレーズンというフルーツを使うとしまった色合いです。
他の方が作ったネックレス。グリーンレーズンというフルーツを使うとしまった色合いです。

 でも、この一つひとつの違いが今回のワークショップでは大事なことなんです。

 というのも、「ラトリエ」は工房で職人が手作りするかのようなチョコレートがテーマ。ひとかけらごとに見た目が異なります。今回作ったアクセサリーも、工程や素材は一緒なのにぜんぜん違う仕上がりです。この「個性を楽しむ点」がラトリエと貴和製作所のコラボポイントでもあるのです。

 そんなわけで、ワークショップを体験してきた感想としては、完成に多少の差はありますが、初心者でも楽しく参加できるものでした。特に各作業はわりあい簡単なので、どんなふうにしたいかを考えて形にしていく課程を焦らず楽しめる印象です。

 やってみたいな、と思われた方は下記のショップで実施が決まっていますので予約してみてはいかがでしょうか?

【ワークショップ概要】

ワークショップ名:ネスレ ラトリエ×貴和製作所 手作り“チョコレートアクセサリー”体験

開催場所:貴和製作所キラリトギンザ店(03-6264-4811)/貴和製作所ラフォーレ原宿店(03-5775-4050)/貴和製作所Colette Mareみなとみらい店(045-681-0061)

日時:店舗によって異なります

キラリトギンザ店:10月23日、31日、11月6日 13時~15時

ラフォーレ原宿店:10月21日、26日、28日 14時~16時

Colette Mareみなとみらい店:10月21日、27日 13時~15時

定員:各回10名

費用:税込み2,000円

応募方法:上記店舗へ電話で予約 ※先着順

予約開始:2018年10月10日午前10時

詳細:https://www.kiwaseisakujo.jp/にてご確認ください

 ちなみに、最後のパーツの取り付け工程を流すように紹介しましたが、ヤットコなどの工具を使用して取り付けていきます。パーツによって作業が異なりますが、ネックレスの一番難易度が高いとのことです。

関連リンク

これもおすすめ