おせち料理に! 本みりんで炊く黒豆

印刷用を表示
2018/12/26 12:00

料理をしていると、「えっ! こんなに砂糖を使うの!?」と思うことはありませんか? これからの季節だと、おせち料理もそんな驚きを与えてくれる定番かもしれませんね。今回は砂糖の代わりに本みりんを使った黒豆煮をご紹介します。

お正月の定番

 みなさまこんにちは。田辺真穂です。

 今年も残すところあとわずかとなりました。すっかり年の瀬ですね。

 クリスマスが過ぎると、慌ただしく年末が来て、あっという間に新年がやってきます。

 みなさんはお正月におせち料理を作りますか? わたしは、お正月はいつもお家を空けるので作りませんが、毎年おばあちゃんが作るおせち料理をいただいています。

 おせち料理は、年神様にお供えする料理であるとともに、家族の繁栄を願う縁起物の家庭料理でもあります。

 昆布は、喜ぶに通じるため。

 海老は、髭が伸び、腰が曲がっている様を老人に見立て、長寿の願いを込めて。

 黒豆は、まめにコツコツ働くことができるように。

 数の子は、子孫の繁栄を願って。

 田作りは、今年もいいお米がとれますようにと願いを込めて。

 里芋は、小芋がたくさんつくことから、子宝に恵まれるように。

 栗きんとんは、きんとん=金団(財宝という意味があります)、豊かに暮らせるように。

 など、お料理ひとつひとつに、願いが込められています。

 新しい年のはじめに、そんな想いの詰まったおせち料理をいただくことって、なんだか素敵だなぁと思います。大切にしたい、日本の文化ですね。

黒豆を簡単おいしく、ヘルシーに

 そんなおせち料理の中でもわたしが大好きなのが黒豆です。

 本当に好きなので、お正月だけでなく、普段も作ります。

 おいしくて、ついつい食べすぎてしまうのですが、レシピを見てみると、豆と同量のお砂糖を使うものが多く出てきます。

 たとえば、黒豆300gに対して、お砂糖が300g。

 実際に計量してみると、こんなにも使うの? とびっくりしてしまいます。

 今日は、そんな黒豆煮をお砂糖ではなく、本みりんで炊く方法をご紹介したいと思います。

みりんで炊く黒豆

材料
黒豆(乾燥) 300g/本みりん 300ml/水200ml/醤油 大さじ1~

【1】黒豆を戻す

 いつもは、たっぷりの水に一晩漬けて、次の日の朝に1時間ほど煮ていました。

 今回、こちらのサイトで紹介されていた母熊さんの『「豆料理」が突然すごく簡単に作れた理由』を拝見してそれを参考に、さっと洗った黒豆を魔法瓶の中に入れて、熱湯をなみなみに注ぎ、蓋をして、一晩寝かせるだけという方法を試してみました。※母熊さんは黒豆の煮方は紹介していませんのでご注意ください

 翌朝、ザルに開けてみると、ぷっくりと膨らんだやわらかい黒豆に変身。今までの手間はなんだったの? というくらいおいしい黒豆の水煮ができあがりました。ぜひ、みなさんも試してみてください!

【2】鍋に、【1】の黒豆、みりん、水、醤油を入れて弱~中火にかけ、蓋をして25分~30分煮る。

 ※豆が空気に触れてしまうとしわになりやすいので、煮汁が少なくなってきたら、水を加えてください。

【3】粗熱が取れたら、煮汁ごと保存容器に移し、冷蔵庫で保存する。

 大体冷蔵庫で3日ほど保存できます。それ以上になる場合は冷凍が安心です。

 手間のかかるイメージの黒豆煮ですが、母熊さん方式だとびっくりするほど簡単にできました。そして、みりんで炊くことで、血糖値の急上昇や、糖分の過剰摂取を防ぐことができて、より健康的な黒豆煮になりますよ。

 新しい年のはじまりにいただく、想いの詰まったおせち料理の一品に、ぜひ作ってみてください。

Writer PROFILE

  • 田辺 真穂さん

    Instagram:@chuuu0127

    blog:https://kitchen581.wordpress.com/


    優しい旦那さんとかわいい息子と、岐阜県の田舎で3人暮らし。インナービューティープランナー。育児に奮闘しながら、小さな料理教室を開催しています。

    ごはんやおやつを作る先、食べる先には、おいしい笑顔や大切な人たちとの時間があって、心と体の健康や、美しさがある。「作る先、食べる先には、幸せしかない。」そんなことを叶えたくて、腸を整えるおうちごはんや、本みりんを活用したみりんスイーツをお伝えしています。

田辺 真穂さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ