シンプルライフを目指している人気ブロガー・ツモリアさん。「小さく暮らす」ために家計を整えることを心掛けています。食費専用の財布を作ることで無駄遣いがなくなるそうです。

食費財布で、お金の流れを整える

 買い物好きで、捨てられない、片付けられない

 しかも収集癖のある夫と暮らしながら

 シンプルな暮らしをめざしているthumoriaです。

 みなさんは、財布はいくつ使われてますか?

 前回、五週間やりくりを紹介しましたが

 五週間やりくりを始めて

 今まで、適当だった食費を

 きっちり予算設定すると

 一つの財布では不便を

 感じるようになりました。

 そこで、使ってない長財布を

 ひっぱりだしてきて

 食費用の財布を作りました。

 そう、食費しか入れません。

 日用品や医療費などは

 別財布を使っています。

 この食費財布には、毎週火曜日

 8千円を千円札で入れます。

 翌週の月曜日まで

 お金は出るだけ、

 入れることはありません。

 「貯まる」家計への第一歩は

 財布を整えることだと

 聞いたことがあります。

食費財布に入れてるモノ

 この食費財布に入れてるモノ

 ・一週間分の食費8千円。

 ・財布の守り神として三つ折り一万円札

 ・よく行くスーパーの

 ポイントカード3枚とナナコ
 

 財布はお金の通り道だそうです。

 カードやレシートでパンパンに

 太った財布では、入る余地がないし

 お金への意識が散漫になって、

 出ていく一方と聞きました。

 財布の中も結局、

 家の中と一緒なんですね。

 自分で管理・把握できる程度に

 しておくことが、無駄遣いを

 避けることにつながるような気がします。

財布を太らせないことが大事

 気を付けていることは、

 財布を太らせないということ。

 ・レシートはその日のうちに処分。

 ・支払いは小銭をなるべく使う

 ・割引券は、期限過ぎたら処分。

 本当はもらわないほうがいいそうです。

 割引券があると、必要なくても

 ついお店に行って、無駄な買い物を

 するからだそうです。

 う~ん私はまだそこまではできません。

 ・守り神の一万円札は給料日ごとに入れ替える

 お金はとどまることを嫌うそうです。

 というか、記憶力が悪くなって

 入れてることを忘れるし

 気持ちを新たにするためにも、入れ替えます。

 そしてその時財布の中に入っている

 必要のないものを出して

 財布を整える作業をすることにしています。

 家の中の整理・整頓はおっくうでも

 財布の整理はすぐできます。

 現在、財布は二つ使ってますが

 今、家計用の薄い財布もあるようですので

 将来的には、家計の項目ごとの

 財布を作ることも考え中です。

 財布を整えて、風通しの良い

 家計を目指したいと思います。

 ちなみに夫の財布は

 いつもパンパン。まん丸にふくらんでおります。

  • 1
  • 2

thumoriaさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ