「片付かないのは私のせい……?」その悩みにお答えします。

印刷用を表示
2018/11/02 12:00

お片付けサポートを始めたやまぐちさん。様々な相談や依頼を受ける中で、多く見られるのが「片付かないのは性格や努力が足りないせい」と悩んでいる方だそうです。そんなふうに思っている方々にやまさんが伝えたい、何よりも大切なメッセージ。

片付けられないのは、私の性格のせいですか?

 

「もう本当に、家が片付かない状態が続くとストレスで、自分なりに頑張っているのですが空回りしています。何をどこから片付けたら良いかが、もう分かりません。

本当は、家全体をお願いしたいのですが家族が【片付けにお金を出すこと】に反対しています。

『片付けられないのは、性格のせい。努力が足りないから、片付けできないのでは?』

家族にそう言われてしまうと、自分でもそうなのかな…? と思う自分がいます。私が悪いから家族にいつも迷惑をかけているのかと思うと、涙が出ます。

今の状況を何とかしたいので、一度来ていただくことはできますか? 私のお小遣いの範囲でしかお願いできませんが、現状を打開したいので、どうかよろしくお願いします」

 片付けの資格をとり、お片付けサポートを始め、色々な方の暮らしの相談を受ける機会が増えました。

 中でも多いご依頼がこちらです。実は1件や2件ではなく複数あります。

 家が片付かないことで、家族から責められ、解決したいと願えば反対される……。

 または、「分かった。お金は出すけれど、片付けのプロに片付けを習ったんだから、今後は今以上に家事をやるように」と、家族から条件をつけられた……というケースもありました。

 ご相談のメールを読みながら、相談者の孤独に家事や育児を頑張っている背景と、誰かに「助けて!」と声を上げることに対して家族が反対していることに深い悲しみを覚えます。

 そして、多くは「自分のせい」だと思っていらっしゃいます。

我が家の三角コーナーは真っ黒でした

 私自身を振り返っても、私自身がこれまで関わってきた周囲の方を見回しても、断言できますが「性格のせい」で片付けができない人は、一人もいません。

 家の間取り・家族構成・職業・日々の時間の使い方・生活習慣・脳の特性・学習形式・経験・体調……様々なものごとが複合的に絡み合って、結果「片付かない」という表面的な問題になっているだけなのです。

 私自身の例ですと、

 「ねえ、台所の流しの三角コーナー。あれさ、もうカビで真っ黒なんだけど。いい加減、洗ったほうがいいよ……」

 20代後半、私のズボラ家事を見かねた夫から注意された一言でした。

 夫婦共働き。掃除は週末の休みに1日で軽く掃除機をかけることと、洗濯をする程度。子供が生まれてからは、週末はグッタリ。週末は週末で、一日中子供の相手をする。家事に割く体力も気力もなく……。

 三角コーナーが汚れていることは、私にとっては別にどうでもいいことでした。

 キッチンの三角コーナーが真っ黒になるほど掃除をしていないというのも、なかなか気合の入ったズボラっぷりです!(笑)

 我ながら、「やるう!」と思います。

 今では持たない生活を選びましたので、三角コーナーそのものが家にはありません。物を手放して、家事が楽になり、今では家中ピカピカです。

 でも、現在は家が片付く生活を送っていても、性格が激変したかと言うとそうではありません。相変わらず、面倒臭いことは嫌いですし、自分なりに目的がないことは全然やりません(笑)

 変わったことは、掃除がしやすい環境になった。「片付けたい!」と思える環境が整った。というだけのことでした。

散らかりやすいリビング。私物は各人の部屋へ、書類も整理。そして、「散らかしてもOK!ただし、一日の最後に片付ける」をルール化
散らかりやすいリビング。私物は各人の部屋へ、書類も整理。そして、「散らかしてもOK!ただし、一日の最後に片付ける」をルール化
  • 1
  • 2

やまぐち せいこさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ