「将来を考える時間」を毎週作ろう!

印刷用を表示
2018/10/20 06:00

すっきりと片付いた心地よい部屋で、やりたいことを思う存分できる暮らし。そんな暮らし、憧れますよね。実は、部屋を片付ける前に、時間の使い方や自分を振り返り、自分自身を把握することが必要なのです。ライフオーガナイザー®のAngie さんによる連載第7回目。(トップイメージ写真=iStock.com/Peopleimages)  

「決まった時間に決まったことをやる」と家事がラクになる

 前回、「決まった時間に決まったことをやる」という方法をご紹介しました。

 家事のし忘れ、あるいは後回しになる原因は、「いつ」が具体的に決まっていないから。

 「なんとなく」決まっている自分のルールを、明確に具体的なルールにするということはとても大事です。最近よく聞く、「名前のない家事」にイライラすると言われていますが、そういう家事こそ、「やる日時」を具体的に決めてやるといいですよ。

 私は次の3つをやってみました。

決まった時間に決まったことをやる

 1)毎晩20:00から娘の勉強時間とする

 2)毎週土曜日の朝一番にトイレ掃除をする

 3)毎朝5:30にロボット掃除機を動かす

成功したこと。20:00からは娘の勉強時間

(イメージ写真=iStock.com/junce)
(イメージ写真=iStock.com/junce)

 1つ目の「毎晩20:00から娘の勉強時間とする」は、大成功でした。

 我が家には、来年小学校に入学する娘がいます。今の時点で勉強することなんてないのですが、今から「毎日決まった時間に勉強する」という習慣をつけたいんです。

 理想を言えば、入学後の宿題を想定して、帰宅後(18:00過ぎ)すぐに勉強して欲しい。

 しかし、まだ幼くて、1人で勉強するという様子ではありません。私が付き添ってあげなければいけません。

 しかし、帰宅後のこの時間は夕飯の支度をしたい。勉強も見てあげたいけど、ご飯も食べさせたいと思う私はイライラ。

 ママが一緒にやってくれない勉強よりもTV(この時間帯は子ども向けの番組をやっている)が気になる娘もソワソワ。ママは、「お勉強してぇー」と叫ぶだけでちっとも自分の面倒を見てくれないと、そのうち娘もイライラ。

 そこで、現実的な時間を娘と一緒に考えました。

 それが、20:00。

この時計、子供にも時間がわかりやすいでしょ
この時計、子供にも時間がわかりやすいでしょ

 夕飯が早くすめば入浴もすませて、あとは少し遊んで寝るだけ。夕飯が遅れたとしても、20:00を超えることはないので、入浴を後回しにしてママと一緒にお勉強をする。

 時間が決まってしまえば、娘も私もイライラすることがなくなりました。

 「毎日お勉強をする」という決め方では、「いつ」が明確ではないので、常に、「勉強させなくちゃ、お勉強させなくちゃ」と私は考えています。

 面白そうな番組を偶然見つけてTVを観ている娘をみると、

 「今日はまだお勉強していないんじゃない」と声をかける私。

 娘からすれば、せっかく遊んでいるのに、

 「勉強は?」ママから言われて気分を害す(後でやろうと思っていたのに)。

 そうかと思うと、いつも「早くお風呂に入りなさいって」言っているのに、今日は「お風呂より先に勉強しなさいって」言う。

 「ママは何が大事って言っているの?」わからないよ!と今までは思っていたことでしょう。

 今では、遊んでいても20:00になったら、「勉強の時間だね」と自ら私に声をかけてくれます。20:00までは、ママにもパパにも邪魔されることなく遊んでいられるので気持ちがいいようです。

 時には、遊び終わると20:00になっていなくても、「遊び終わったから、お勉強しようよ」自分から言ってくれます。

 ルールが明確で共有できると、自分の気持ちや考えが整理されるだけでなく、それを共有する人たちにもストレスがかからなくなる良い例だと思います。

つまづきの理由がわかればうまくいく

(写真=iStock.com/artisteer)
(写真=iStock.com/artisteer)

 2つ目のトイレの掃除も最初はつまづきましたが、今は順調です。

 つまづいた理由は、使い捨てブラシの買い置きを切らしていたからです。

 買い置きを切らさないようにするという習慣が身につけば、今後もトイレの掃除は決めたタイミングに継続してできるでしょう。

 3つ目の「5:30にロボット掃除機を動かす」は、うまくいっていません。

 理由は、私の起床時間が定まっていないからです。

 私の習慣は、娘と共に21:00に就寝して、3:00に起きる(6時間睡眠を確保)だったのですが、ここ数ヶ月、24:00頃、猫に起こされます。

この子が夜中に私を起こすのです
この子が夜中に私を起こすのです

 当然 睡眠時間が足らないので、二度寝すると寝坊!ということがしばしば。

 掃除よりも朝食の支度が優先され、決めたとおりにできません。

うまくいかなかった理由を見つけましょう

(写真=iStock.com/)
(写真=iStock.com/bymuratdeniz)

 今回うまくいかなかった方は、うまくいかなかった理由を見つけてください

 決めた時間に無理があるのかもしれません。

 私が「勉強時間は18:00」と決めたら、保育園に迎えに行く時間が遅れたり、娘はお腹が空いていて集中できなかったり……。理想を掲げても現実を見て決めなければうまくいかなかったでしょう。

 トイレ掃除のように、道具や環境、状態が整っていないことで後回しになることもあるのかもしれません。また、私の場合、ロボット掃除機を毎日動かすことよりも、安定した睡眠時間を確保することを優先して解決すべきかもしれません。

 片付けって「決められた場所に戻す」だけの行為なのですが、それがうまくいかないんですよね。自分が決めた理想の場所が、家族にとって不便な場所かもしれないし、場所ではなく使い勝手の問題かもしれないし。

 「自分で決めた時間に自分が決めたことをする」ことがうまくいかないことと、共通点がありそうに思いませんか?

 うまくいかなかった方は、うまくいかなかった理由を見つけて 次回までもう一度続けてください。もちろん、前々回のように自分を褒めながらやってくださいね。

 では、前回うまく行った方も行かなかった方も、一緒に「憧れの暮らしすごろく」をすすめましょう。

  • 1
  • 2

Angieさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ