家族や自分のごはんを作ることは日常で、面倒とは思えど、大変とまではいかない。当たり前になっているから、誰もほめてはくれない。でも、頑張っていることは事実で……。そんなモヤモヤを抱えていませんか? 有賀薫さんが行き着いた、ほめられたいという気持ちとの向き合い方。

おいしさは分かち合えるもの?

 料理を作って誰かに出したら、もちろん「おいしいね」と思ってほしいし、言ってほしい。家族や好きな人のために作る食事だったらなおさらだ。

 でも、実際にはうまくいかないことのほうが多い。

 料理本やネットで見たおいしそうな料理を作ってみる。いい感じにできた! と気持ちが上がる。もちろん相手も喜んでくれるだろうと自信満々で食卓に出したのに……あれ?

 あんまり嬉しそうじゃないし、箸もなかなか進まない。子どもなんか、もっと正直で「おいしくない!」と見向きもしない。やっぱり少しショックだし、その料理は自分の中では永遠に封印されてしまう。

 ……と、まるで他人の話のように書いたのだけれど、これ実は、わが家のこと。夫は食にはとても保守的だ。ちょっと変わった食材や調味料が料理に使われるのを嫌がる。

 ゴーヤはあの苦味も含めて怪獣だと思っているし、アボカドも果物なのか野菜なのかはっきりしてほしいらしい。モツァレラチーズもパクチーも、私がもりもり食べるのを遠巻きに見ているだけ。

 つい先日も、ごぼうと鶏肉を使って洋風のクリームスープを作ったら「ごぼうは普通に和風の味つけがいいな」と言われたばかりだ。

気づいてほしかったこの気持ち

 一生懸命作ったものが喜ばれない。その一方で、できあいの調味料を使ってチャチャッと作った料理を「これはおいしいね!」と顔を輝かせてほめられることもある。

 なぜか悔しくて、どうしてそれをおいしいって言うの!?と、ほめられたいのかほめられたくないのだか、我ながらめんどくさい人になってしまう。

 この、もやもやした気持ちは長く自分の中で、解決できない存在だった。

 けれど最近、スープのイベントを開くようになって、多くの人が自分のスープをなごやかに食べてくれるのを見ているうちに、ふと思った。

 やっぱり人は、自分のおいしいと思うものをみんなと一緒に共有したい、そんな願望がある。

 私の心のもやもやは、料理が余ってしまってもったいないとか、作った時間が無駄になったということではない。自分が感じた料理のおいしさを、共有できなかった寂しさだ。そして、それが作る人にとってどれほど重要なことかを理解してくれない相手に、腹を立てていた。

 そう、私は「おいしさ」をわかってほしかったのではなく、「おいしさを分かち合えなくて寂しかった自分」をわかってほしかったのだ。

  • 1
  • 2

有賀 薫さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ