意外と簡単!スペアリブの赤ワイン煮込み

印刷用を表示
2018/11/09 21:00

「スペアリブの赤ワイン煮込み」という響きだけで、なんだか手の込んだ料理っぽく聞こえませんか?ですが、実はシンプルな調味料で簡単にできるんです。Instagram(@ouchigohan_ojisan)で人気の井口拓斗さんに、レシピを教えてもらいました。最後に井口さんご愛用のお醤油も紹介しています。

シンプルで簡単!スペアリブの赤ワイン煮込み

これからのシーズンにおすすめ。ホームパーティーなど、大活躍のメニューです! 焼いたバゲットにソースを浸して、お肉と一緒に食べるのも本当に美味しいです。使うのはシンプルな調味料だけ。調理工程も簡単なのに、プロの味が出来上がります。

ポイントは、酸味の強い赤ワインを使わないこと。酸味があると、味の調整が難しくなるからです。どこにでも売っている1本300円くらいの、甘めの赤ワインで十分ですよ。

材料(3~4人前)

・豚のスペアリブ 700グラム
・赤ワイン 400ml
・みりん 大さじ2
・砂糖 大さじ2
・しょうゆ 大さじ4
・玉ねぎ 1個
・にんにくのすりおろし 小さじ1
・しょうがのすりおろし 小さじ1
・ブラックペッパー 適量
・サラダ油 適量

作り方

(1)スペアリブに軽く塩をふっておく。
(2)フライパンにサラダ油をしき中火で熱したら、にんにくとしょうがのすりおろしを入れ、スペアリブの全面に焼き色を付ける。

(3)お鍋にサラダ油をしき、中火で玉ねぎを炒める。
(4)玉ねぎがしんなりしたら、その上にスぺリブを乗せ、赤ワイン・みりん・しょうゆを入れて煮込む。
(※)材料をすべて入れると、お肉の表面がかぶるくらいになります。お肉の量が多い場合は、お肉がかぶるくらいまでお水を足してください)

(5)スペアリブが柔らかくなるまで煮込んで完成です! 鍋ごとテーブルに出すと、迫力が出て、温かさも続きますよ。

僕は、最低2時間は煮込みます。できたら2時間半くらい煮込むと良いでしょう。お使いのお鍋や、IHかガスかなどによって、煮込み時間は変わるので、様子を見ながら煮込んでくださいね。

また、この料理は煮込めば煮込むほど、味が濃厚になります。煮込んでいる間に水分が飛んでしまったら、お水を足して調整しても大丈夫です。

愛用しているお醤油のこと

皆さん、「だしが良くでる宗田節」って知っていますか?

通販で購入できるのですが、宗田節が入ったボトルに好きな醤油を入れるだけで、とっても美味しい出汁醤油ができるという優れものなんです。醤油がなくなったら継ぎ足して、1年間くらい使えます。

ちなみに、宗田節って……?

宗田節とは、メジカ(別名ソウダガツオ)からつくられた魚の節のこと。メジカは鰹に比べ血合いが多いため、コクのあるだしが出て、香りも濃厚。煮物など、しっかりした味付けをする料理によく合います。宗田節のほとんどが業務用として流通していて、日本料理店や老舗の蕎麦屋、食品メーカーなどで使われています。特にもりそばのつゆには宗田節は欠かせない存在です。

僕は、九州独特の甘めのお醤油を入れています。日々、色々な料理に使っているのですが、本当に桁違いに美味しくなります(決して、回し者ではありません)。醤油に宗田節の香りとコクがプラスされるので、煮物などに抜群に合います。パスタに使うのもおすすめです!

今回ご紹介したレシピにも、このお醤油を使っています。これは、自信をもっておすすめできる商品なので、よかったら試してみてください。

関連リンク

Writer PROFILE

  • 井口タクトさん

    Instagram ▶︎@ouchigohan_ojisan

    会社員をしながら、趣味で美味しい料理を作っています。 ケータリング・フードスタイリング・レシピ開発と写真提供・テーブルウェア監修・ワークショップなど、気ままに活動中です。

井口タクトさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ