「節水」するのが大変な間取り

 さて家事の動線の話に戻ります。これに関して言うと、アメリカの家は非常に住みづらいです。

 まず、洗濯機と乾燥機を置くランドリー室ないしそのスペースが、バスルームとは離れたところにあります。

 ですから、日本で売っている「お風呂の水を洗濯機にうつすポンプ」のようなものはアメリカにはありません(そもそも、アメリカ人はシャワー派が大多数で、浴槽もお湯を入れたところでそれを家族で使いまわすとか、二度使いするというようなことがありません。都度浴槽で体を洗ったらそのままお湯を捨ててしまうんですから)。

 また、日本では多くの女性は「つけ置き洗い」をしませんか? 特に汚れがひどい夫や子供の靴下とか、ソースがついた服とか、洗剤を入れた水に数分つけてから洗濯機で洗ってますよね。アメリカの大きな家なら洗濯専用の「ランドリー室」があったりして、大きくて深い「つけ置き洗い」やちょい洗いができるシンクが備え付けてあったりするんですけど、我が家にはそんな贅沢な部屋はありません。

 なのでつけ置きは重労働です。まず、夫婦の寝室内のバスルームに置いてあるバケツに「温水が出始めるまでのシャワーの冷たい水」をためます。水がたまったらそのバケツの水をゲスト用バスルームに置いてる2つのバケツに移し、そこで靴下とかをつけ置き洗い。そしてまた別の場所にある洗濯機に入れるんですよ。

 日本でやってたような節水をアメリカでするのは重労働ですが、なんだかやめるにやめられません(笑)。洗濯物全てに真水を使うなんて、日本で何度も水不足のため給水制限のある暮らしを経験した私にはもったいなく感じます。

我が家の1階の間取り
我が家の1階の間取り
2階の間取り。つけ置きするには動線が悪いです
2階の間取り。つけ置きするには動線が悪いです

 アメリカの洗濯機にはソーク(浸す)という機能がついてますが、これは「軽く下洗いする」という感じで、その水はそこで捨ててしまいます。日本の「つけ置き」とは意味合いが違うんですね。

 普段よそのお宅を見てると、洗濯機と乾燥機は2階にあるところが多いようです。それも主寝室に近いところ。

 話を聞いていると、洗濯物を運ぶのが楽だから2階にあったほうがいいという人が多いんです。なるほどね……。家事の動線もやはり節約とか合理性より、「楽」が好まれるということでしょう。

Mischaさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ