人、本、SNS……私のお掃除のヒント

印刷用を表示
2018/11/03 12:00

まったく情報がゼロの状態で、本人の勘とセンスだけで素晴らしいことを成し遂げるなんて現実ではありえませんよね。何らかのお手本やヒント、先生がいるはずです。ぴょこぴょこぴさんがお掃除をするなかで、ヒントにしてきたものは何か聞いてみました。

私がもらってきた、お掃除のヒント

 暮らしについて考えたり調べたりするのは昔から好きで、本やブログなどいろいろ読んできました。北欧インテリアに憧れたり、エコ掃除にはまったり、収納に目覚めたり、時短家事の必要性を痛感したり……。

 今回は私の変遷と、参考にしてきた本や、現在参考にしているInstagramのアカウントなどをご紹介します。

身近な大人から学んだこと

 私の実家はものがとても多い上、お掃除や片付けが苦手な家でした。手をかけて暮らしやすくするという考えもありませんでした。

 散らかっているのが普通でしたので、インテリアの雑誌に載っているような暮らしはできるわけがない、と漠然と思っていました。

 一方で、母の実家は空気が美しいすっきりとした家でした。

 今思い返すと、祖母は暮らしの工夫を重ねながら、こまめに家事を行っていました。祖父は日常の家事は一切やりませんでしたが、家のメンテナンスの計画、家全体の収納の工夫などきちんと考えて管理をしていました。

 また、お掃除が上手な叔母もいて、彼女のおうちはピカピカです。初めてお邪魔した時は、こんなに綺麗な家があるのか! と衝撃を受けました。

 叔母に会うたびに、お掃除の悩みやコツを相談してみるのですが、やはり“汚れは早めに落とす”、“汚れがつきにくくする”ことが大切なようです。

 相談し始めた頃は、汚れはたまってからゴシゴシと落とすものだと思っていたので、驚くことがたくさんあり、とても勉強になりました。

北欧インテリアと丁寧な暮らし

 一人暮らしをしていた頃は、北欧インテリアのブログに夢中でした。

 センスの良いインテリアで飾られた美しいおうち、可愛らしい赤ちゃんや子どもたち、素敵な器と美味しそうなお料理、丁寧な暮らし……。

 なんて素敵な生活! と憧れ、北欧インテリアの本もたくさん読みました。

 白と木を基調としたナチュラルな雰囲気や、北欧メーカーの食器が好きなのは、当時読んだブログや本の影響だと思います。

 この頃からエコ掃除にもはまり、お酢や重曹を使ってお掃除していました。また、洗濯も粉石けんを使っていました。

 現在、コストや時間がかかりすぎることはやらなくなりましたが、セスキや重曹、クエン酸など低コストで効率的にお掃除できるものは、今でも愛用しています。

時短と効率を意識

 結婚してしばらくは独身時代と変わらない考え方やペースで暮らしていましたが、長女が生まれ、慢性的な睡眠不足のなか、わが子に振り回される生活が始まりました。

 赤ちゃんがいる生活は幸せであるとともに、壮絶な生活でもあること。暮らしは丁寧さやエコだけを優先できるものではないことも身にしみました。

 育休から仕事にも復帰して、いよいよ家事が回らなくなってきた頃、当時読んでいたブログ「OURHOME」のEmiさんの凄さに改めて気づかされました。

 徹底的に効率化された家事、家族みんなを巻き込んでみんなでやる家事、使い勝手の良い収納……勉強になることばかりです。

 著書もたくさん出されていますが特に『OURHOME -子どもと一緒にすっきり暮らす-』は、育児をしながらの工夫が参考になり、何度も読みました。

『OURHOME -子どもと一緒にすっきり暮らす-』Emi (著) ワニブックス
『OURHOME -子どもと一緒にすっきり暮らす-』Emi (著) ワニブックス

インテリアより収納が好き

 結婚して2DKのアパートに住んでいた頃、もう少し家の使い勝手をよくできないかと、本多さおりさんの『もっと知りたい無印良品の収納』を読みました。

『もっと知りたい無印良品の収納』本多さおり(著) KADOKAWA/
『もっと知りたい無印良品の収納』本多さおり(著) KADOKAWA

 気持ちのいいおうちや、収納の工夫がとても勉強になり、何度も読みました。

 本に出てくる本多さんのおうちは古いアパートで、高級な家具や食器が並んでいるわけでもありませんでしたが、何とも言えない清潔感と美しさがありました。

 この本を読んで、「私が好きなのは、インテリアより収納だ!」と気づきました。

 それ以来、取り出しやすく効率の良い収納を意識するようになり、少しずつ家の収納改善を進めるようになりました。

 その後、本多さんの本を何冊か読み、「15分あったら喫茶店に入って、礼状を書く」など時間の使い方も参考になりました。

 たとえば、待ち合わせなどで早めに着いた時。カバンに隙間時間ができたらやりたいものを用意して、カフェでやるようになりました。

 資格の勉強、原稿執筆、保育園の書類記入、手帳とスマホを見ながらノートにやりたいことを書き出して整理する、などです。今、この原稿の推敲もカフェで行っています。

 カフェ代は少しかかりますが、物事が効率よく進みます。あてもなくブラブラとウインドウショッピングすることがなくなり、無駄な衝動買いもなくなりました。

 また同じ頃、高木ゑみさんの『考えない台所』も読みました。

『考えない台所』高木ゑみ (著) サンクチュアリ出版
『考えない台所』高木ゑみ (著) サンクチュアリ出版

 読んでみて、高木さんの台所は「考えない台所にするために、考え抜く台所」だと感じます。

 お鍋はコンロのそばに、ザルはシンクの近くになど、使う場所のすぐそばに収納すること、効率的な買い物の仕方など、参考になることばかりでした。

 今思うと、この2冊の本を読んだ時期は熱が出そうになるほど、収納や時間の使い方について考え込んだ時期でした。

 またこの頃、ウイリアム・モリスという19世紀イギリスのデザイナーの「役に立たないものや、美しいとは思わないものを家においてはならない」という言葉を、改めて意識するようになりました。

  • 1
  • 2

ぴょこぴょこぴさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ