漬けおきで時間短縮。あさりのスパゲッティ

印刷用を表示
2019/12/05 10:05

パスタをゆでる前に水に漬けておき、ゆで時間を短縮させる「漬けおきパスタ」レシピ。細いものよりも太めのほうが漬け込んでもアルデンテが残りやすいのでおすすめです!

材料(2人分)

・スパゲッティ(バリラNo.5) 120g
・水 300g
・塩 6g
・あさり(冷凍) 100g
・オリーブオイル 大さじ2
・にんにく 1片
・イタリアンパセリ 3g
・白ワイン 大さじ3
・漬けておいた水 大さじ4
・バター(または牛脂) 10g
・塩・こしょう 少々

作り方

1. スパゲッティを2%の塩水に1時間半以上漬け込む。

2. フライパンに、オリーブオイルと、みじん切りのイタリアンパセリ、つぶしたにんにくを加え、香りを出す。イタリアンパセリは仕上げ用に少し残しておく。

3. 白ワインとあさりを加えてひと煮立ちさせたら、の漬けておいたスパゲッティと漬け込んだ水を加え、かき混ぜながらスパゲッティをゆでていく。

4. 塩・こしょうで味を調え、仕上げにバターを加えて器に盛り付ける。残しておいたイタリアンパセリを振る。

ポイント

【1】漬けおきパスタは冷蔵庫で2日は保存可能です。

関連リンク

Writer PROFILE

  • 曽布川優子さん

    Instagram:@yukosob

    Blog:ローマのおいしい生活in東京


    食品メーカーのOL時代を経て結婚を機に退職。イタリアでの生活が始まる。イタリア料理の学校に通い、基礎から学び、ディプロマを取得。20年のイタリア生活を終え、2014年秋に日本に帰国。2015年 徳島県産すだちレシピ大使。2016年 昆布大使に就任。

曽布川優子さんの記事一覧

もっと読む